これらを食べてこそ、あなたはウルムチを訪れたことになる!ウルムチで絶対に食べるべき美食のおすすめ。

新疆について言及すると、皆さんはまずここの景色を思い浮かべるでしょう。しかし、これらの景色に加えて、ここでの美食も非常に魅力的です。そして、省都のウルムチにも多くの美食があります。今日はウルムチの必食料理を一緒に見てみましょう。

一本の旗で小西門の支店を釣ります。

抓飯は新疆に来たら必ず食べなければならない美味しいものです。米とにんじんの清香、そして濃厚な羊肉の味が口の中に広がり、味と色も素晴らしいです。抓飯にはレーズンやいろいろな種類のドライフルーツが入っていて、油っこく感じることはありません。また、「一杆旗」という店舗は新疆に多くあり、品質は保証されています。

アジェン味のパン粉総店

新疆美食で言及すると焼き米粉を挙げなければなりません。多くの外省出身の人々は、この美食の名前を知っていますが、ウルムチには本当に多くの米粉店があり、Ah Zhen味はその中でも非常に有名です。

赤山の麺皮生地総本店

ラム肉は新疆の人々が幼少期から食べている美味しい食べ物であり、ウルムチには様々な都市の特色的なラム肉が集まっています。それらは独特のスープと香辛料の辛さがあります。暑い夏の日には、多くの人々がランチにラム肉を食べ、焼肉を注文し、ウス・ビールを飲みます。赤山の麺類総店はウルムチで有名な店であり、ラム肉を食べたい場合はここに行くと良いでしょう。

カイザー焼き包子

新疆人にとって、炭火焼き包子はずっと愛される存在です。黄色く輝く皮で、口に入れるとカリッとして肉は柔らかく、味は鮮やかで油が香ります。また、適度に玉ねぎが加えられ、脂っこくならずに食べられます。ウルムチで有名なのはカイサー炭火焼き包子で、ウルムチ市水磨沟区七坊街にあります。ただ、午後4時に閉店するので、食べたい人は早めに行くことをお勧めします。

血液銀行の大盤鶏2毛総店

大盤鳥は新疆省の美食ロゴと言えます。そして、ウルムチには美味しい大盤鳥店がたくさんあり、それぞれが特色を持っています。ウルムチに初めて訪れたら「血戦大盤鳥」を試してみてください。味はかなり良いです。