延安人気観光スポットのチェックイン。

豊かに流れる黄河の水、冬は暖かく、夏は涼しい窯洞、激しい陝北民謡、ブクブクと沸き上がる羊杂など、これらすべてが陝北人の独特な印象です。延安は、濃厚な赤い記憶を受け継いだだけでなく、陝北人のすべての特徴を集めた場所でもあります。それが遠く千里の人々がここに来る理由でもあります!

鳳凰山革命旧址は延安市内にあり、全国重点文物保護単位です。これは中共中央が1937年1月13日から1938年11月20日までのオフィスであり、この期間中、中共中央は土地革命戦争から日中戦争への戦略転換を経験し、戦略的な防御段階を経て日中戦争を乗り越えました。すべての面で全面的な抗戦路線を貫くために、中共中央は洛川会議や六届六中全会などの重要な会議を開催し、各種の取り組みの急速な発展を推進しました。
陝北語りは陝西省北部の延安、榆林などで流行している陝北地域の重要な伝統的な曲芸語り形式です。最初は貧しい盲人が陝北の民謡調で伝説や物語を演奏していました。後に眉朝、秦唱、道情、信天游の曲調を取り入れ、次第に陝北語りが形成されました。陝北語りの演奏形式は、芸人が三弦または琵琶を手に持ち、自分自身で弾き語りを行い、語りと歌唱を交互に行います。 "三弦書"と "琵琶書"の2種類に分かれます。後に民間芸人の韓起祥などによって改革され、1人で5種類の楽器を同時に演奏することができるようになりました:大三弦または琵琶、梆子、耍板、 "麻喳喳"と呼ばれるリズム振動板、小さな鑼またはシンバル。
1947年3月13日、中華民国国民党第一戦区長官胡宗南が、34個旅団25万人の兵力を率いて延安を攻撃した。敬老総は西北野戦旅と3つの地方旅団を率いて、党中央毛沢東主席の指導の下(一戦青化砭、二戦蟠龍鎮、三戦羊馬河)において、1年間の戦いを経て、3度の大きな戦いに勝利し、延安の防衛戦勝利を決定的に勝ち取った。
1950年1月に完成した延安革命記念館は、南関の交差点にあった場所の一つで、中華人民共和国成立後最も早く建設された建物の一つです。1954年に中央区の旧共産党中央機関の場所に移転し、「延安博物館」に改名されました。1955年には、鳳凰山の前の場所に移り、「延安革命記念館」と改名されました。そして、1973年6月に現在の王家坪に移転しました。館の入り口の上には、郭沫若が1971年に京都で書いた館名が書かれた赤い看板が掲げられています。

宝塔山

延安の地形は、「三つの山と二つの川に挟まれている」と概括することができます。三つの山は、延安市の南東に位置する保塔山、北東に位置する清涼山、西に位置する鳳凰山を指し、二つの川は延安市南東45キロメートルの南泥灣から発生する南川河と、延安市全域を流れる全長268キロメートルの延河があり、二つの川は保塔山の下で合流し、東に曲がって延長を流れ、最終的に黄河に合流します。保塔山に立っていると、延安の全景が一望できます。