この歴史的な古都は見逃せません!運城の必見スポットを紹介します。

運城は中華民族と中華文明の重要な発祥地の一つです。黄河の東岸に位置しているため、「河東」とも呼ばれています。芮城県風陵渡鎮の「西侯渡」文化遺跡は、今日でも考古学界で最も初期の人類の火の使用が発見された場所です。運城は中国で唯一、塩を主原料とする都市で、かつては「塩の都」と呼ばれていました。運城の塩湖古城は、4000年以上の歴史を持つ開発地域です。では、このような都市で見逃せない観光スポットは何でしょうか?

永楽宮は、元代に建てられた道教宮殿で、呂洞賓を記念して建てられました。110年かけて建てられたこの宮殿は、元々は大純陽万寿宮と呼ばれており、現存する中国最古、最大かつ最も完全に保護された道教宮殿です。永楽宮は、美しい壁画芸術、豪華な宮廷建築、世界的に注目された移転プロジェクト、そして特色ある道教文化で華夏や四海に名を轟かせています。
私たちの国で最古で、最大規模で、最も完全に建てられた関帝廟や宮殿式道教建築は、「関庙祖」と「武庙冠」と呼ばれています。
碑文と史誌によると、舜帝陵は夏禹によって始められ、寺は唐の開元年間に建てられ、現在の建築は元・明・清時代のものです。現在の舜帝陵寺景区は、南から北に向かって、舜帝広場、舜帝大道、古い柏の広場、二つの連結した御神木、儀式入り口(山門)、奉告殿、享堂、陵墓、皇城が1,000m以上の中軸線に沿って縦に並んでいます。この景観は壮大で、大規模です。

運城塩湖

世界三大ソーダ湖の一つである運城ソーダ湖は、塩分濃度が中東の死海に似ており、中国の「死海」として知られています。古代人々は、4千年前に運城ソーダ湖を開発し始め、伝説では「黄帝が蚩尤と戦った」とき、塩池をめぐって争いがあったといいます。

鶴鳴館

永嘉市布州町に位置し、北周から始まり、隋唐五代、宋金三朝を経て、元朝に戦火で破壊され、黄河の洪水で今では滅多に見ることができない。現在の鶴雀楼は2002年に唐の形式に復元されたもので、王焕之の不朽の名曲「登鶴雀楼」で有名で、千年の文学者や詩人の情熱を寄せる場所。現在の鶴雀楼の景色は平凡で、古跡を探すことはできず、古代の思い出に浸りながら楼に登ることができる。

風陵渡町

風陵渡の名前の由来は、伝説によると女媧の墓がここにあるためと言われています。女媧は風姓で、風陵渡の近くには趙村の東南に女媧の墓があるため、風陵と呼ばれています。