ケンブリッジ大学へ行く人必見!訪問するべき5つの絶対に外せないスポット。

イギリスのトップ大学であるケンブリッジ大学のキャンパスの景色は世界中で有名であり、多くの芸術作品のインスピレーションの源となったり、多くの映画でもロケ地として使われています。イギリスを訪れたら、ぜひケンブリッジ大学に行き、学術的な雰囲気を感じるだけでなく、美しい景色を眺めてください。

キングス・カレッジ・ケンブリッジにある礼拝堂は、イギリスのゴシック縦長スタイルの代表作品です。その初期ルネサンス祭壇画には、1532年から1536年の作品があり、際立った対比があり、有名な騎士ニコラス・ペヴズナーによって「イギリスに残る最も美しいイタリアの装飾」と評価されています。

フィッツウィリアム博物館

フィッツウィリアム博物館は、ケンブリッジ大学の美術と考古学の博物館です。この博物館は、1816年にアイルランドの貴族リチャード・フィッツウィリアムによって寄付され設立されました。
三一学院は古い中世の建築物を所有しており、ここではニュートンがリンゴに打撃を受けたあのリンゴの木を見つけることができます。

ため息橋

セント・ジョンズ・カレッジは、ケンブリッジ大学でも最古かつ最大のカレッジの1つであり、建物は非常に壮大で、5つの中庭があり、最も有名なサイの橋もセント・ジョンズ・カレッジの所有です。また、カレッジ内には金庸先生が残した対聯石もあります。
ジョン・テイラー財団が5年を費やし、2008年にスティーブン・ホーキング博士によって発表された聖体時計は、ユニークな時計です。 この金色のトコジラミから構成される時間の消費者「Chronophage」は、その斑点のある金粉と血漿の外観で人々に人生の短さを思い出させます。毎分、トコジラミの顎が一度開き、目が乱れます。 15分後には毒針を持ち上げ、1時間ごとに致命的なスティングをします。 点滅するLEDライトは、時間を急いでいるかのような速いリズムになります。 この時計は、特にケンブリッジで見ることが必見です。

関連キーワード

ケンブリッジ大学絶対に外せないスポットキャンパスの景色芸術作品インスピレーションロケ地学術的な雰囲気美しい景色王立大学の礼拝堂ゴシック縦長スタイル初期ルネサンス祭壇画騎士ニコラス・ペヴズナーフィッツウィリアム博物館美術と考古学の博物館1816年アイルランドの貴族リチャード・フィッツウィリアムケンブリッジ大学トリニティカレッジ中世の建築物リンゴの木ため息橋セント・ジョンズ・カレッジ最古かつ最大のカレッジサイの橋金庸先生聖体の鐘ジョン・テイラー財団スティーブン・ホーキング博士時間の消費者Chronophage金粉と血漿の外観人生の短さトコジラミの顎毒針致命的なスティングLedライト時間を急いでいるかのような速いリズム