遊びに许昌、三国志演義に戻る。

許昌は河南省の中部に位置し、人口は約500万人で、「北水郷」、「蓮城」、「許都」とも呼ばれています。同時に、許昌は河南省第4の都市であり、経済力が比較的強く、都市の発展が良好なため、短期のレジャー旅行や休暇に適しています。また、観光スポットも非常に多く、一見の価値があります。

许昌市中心魏武帝広場に位置する曹丞相府景区は、曹操が軍事や政治、生活を処理した遺跡を復元しています。この景区は、三国時代を背景に、曹操親子が25年間にわたる波乱に満ちた歴史を描き、一般市民の視点や現代的な視点から、曹操を全方位的に解釈し、魏文化の豊かさを表現しています。この景区は、文化的な歴史と先進的な技術を結びつけ、歴史的な景観と観光体験が相互に融合した、唯一の三国文化旅行テーマパークです。

春秋楼文庙遺跡

河南省の文化的な名所である许昌市の春秋楼遺跡。関公廟、武安王廟、関王廟、「双院英風」の廟、関府子祠、関帝廟などの名称があり、明清様式の古い建物群である。河南省の重点文物保護単位であり、国家AAA級景区である。

灞陵公園

许昌灞陵公園は、かつて八里橋と呼ばれていた場所で、许昌の3A級景区です。場所は许昌市の西部にあり、三国時代の名将である関羽が曹操に挑んだ場所と伝えられています。灞陵公園は、橋、寺、庭園が一体となった古典的な庭園であり、観光、娯楽、休閒などの多元的な機能を集約した総合公園です。庭園は大規模であり、複雑で多様な内容が含まれており、大きな公園の中には「青梅園」「桃園」があり、「垂釣村」、「九宮八卦陣」、「弓矢射撃」場などの娯楽施設もあります。
曹魏文化古城は、文化を展示し、観光とレジャー、商業サービス、特色のある住宅を主な目的とする、许昌市が2017年に新たに建設した観光プロジェクトであり、"国内AAAAA級の景区"を目標とする観光スポットでもあります。現在、中軸歩行街と南門が開放されています(1期工事に属しています)。毎晩7時から9時までのピークタイムには、多数の商人がここに来て、さまざまな軽食や手工芸品を販売しています。また、夜景も特に美しいので、皆さんにおすすめです。
この博物館は许昌市東城区にあります。3階建てで、面積が6000平方メートルの展示スペースがある许昌博物館には6つの基本展示室と1つの一時的な多目的展示室があります。博物館の両側には许昌図書館と许昌都市計画館があり、都市計画館は特に見逃せない場所です。