許昌市で、コストパフォーマンスの高いホテルをお勧めします。

三線都市であるにもかかわらず、許昌市のホテル宿泊業界は比較的発展しており、価格は50~2000元の間で、1泊あたり異なります。一流の建築装飾ホテルはもちろん、相対的に一般的な快速ホテル「如家汉庭(ルージャハンティン)」などもあります。許昌の主要な都市圏が比較的小さいため、ホテルを選ぶ際には地理的な位置要因をあまり考慮する必要はありません。主に予算とホテル内の設備環境を考慮する必要があります。夜にショッピングをしたい場合は、「胖東来(パンドンライ)時代広場」または「万達广場(マンダグアンチャン)」の近くに宿泊することができます。古城を散策したい場合は、「春秋(チュンチョウ)広場」または曹魏古城の近くに滞在することができます。それぞれの実際のニーズに基づいて選ぶことができます。高速鉄道や飛行機に乗る必要がある場合は、駅の近くに滞在することができます。次に、いくつかのホテルをご紹介します。

三鼎華悦大ホテル

これは許昌市初の五つ星ホテルで、1号館、2号館、3号館から成り、レストラン、娯楽、リラックスを兼ね備えたビジネスホテルで、271室の客室があります。レストランには、中国料理、西洋料理、風味豆腐鍋、川菜椒子巷などの飲食設備もあります。また、フィットネスセンター、屋内プール、華悦夜総会、璞悦水漾など、各種のフィットネス娯楽設備や大小会議室もあります。ビジネス旅行に最適なホテルです。
中原国際ホテルは、許昌の新しいランドマーク建築で、美しい東湖のほとりに位置しています。建物の総高さは200メートル近くあります。 観光、レストラン、宿泊、ビジネス、オフィス、リゾート、レジャー、会議、エンターテインメント、フィットネスなどの機能を備えた総合ホテルです。39階には許昌初の回転展望レストランがあり、美しい許昌の景色を見ながら食事ができます。夜にここで食事すると、許昌の夜景を楽しむだけでなく、とてもロマンチックになります。宿泊施設の最上階にはヘリコプターの着陸場があり、非常に美しいです。全体的に、ここに宿泊すれば、許昌の美しい景色をたくさん見ることができます。

レベッカホテル

レベッカホテルは、許昌市にある老舗のホテルで、黄金の地区にあります。曹魏の旧市街、春秋楼景区、曹丞相府景区が近く、許昌駅やバスターミナルへは徒歩でアクセスできます。ホテルには200室以上の客室があり、中西料理、優れた淮揚料理、豫菜のクラシック、各種の特製料理を提供しています。また、フィットネスセンター、ビジネスセンター、医療センター、ビューティーサロン、ブティックショップなどの設備も完備しています。賑やかな人たちには、ここに滞在することをお勧めします。

Hホテル

ホテルの建物は、六一路と七一路の交差点から南へ200メートルの場所に位置し、交通に非常に便利です。左へ出て行くと、パンドンライタイムズ広場があります。ホテルには、さまざまなタイプの部屋があり、設備は完備しており、居心地が良く温かく、暖かい光、クラシックでシンプルな装飾が施され、温かく優雅な雰囲気を醸し出しています。