河南焦作、グルメツアーを探索する旅。

焦作には多数の美食があるが、全国的に有名なものは開封や洛陽などと比べるとあまり多くない。しかし、特色豊かな美食がある。特に、博愛市、沁陽市、孟州市、温県、武陟市などで多くの地方美食があります。

馬家のおじいさんの牛肉麺

ラーメン店に入ると、熱気が迎えてくれます。店内は賑やかで、隣のキッチンは忙しく転がっています。鍋には湯が沸騰しており、きちんとした衣服を着たシェフが茹でた麺を選び出しています。もう一人は麺を選び出したボウルに調味料と牛肉スープを入れ、2人のシェフが黙って協力し、熟練した動きを見せます。すごいですね。

焦作迎賓館

怀府薬膳は、「怀山药、怀地黄、怀牛膝、怀菊花」を主役とし、適切な調味料で煮込んだり、蒸し煮たり、揚げたり、茹でたりする調理法を用いた料理で、山水のエッセンス、ハーブの精神性、健康効果を持った様々な料理があり、食客に大変好評です。焦作迎賓館では、怀山药、怀地黄、怀牛膝、怀菊花を主役とし、様々な調味料で煮込んで香り高い料理を提供し、特色ある美食の祭典を食客に提供します。宴会では、怀府の名士文化を背景に、大極文化と山水文化を融合させ、四大怀薬料理を代表として、独自の豫菜スタイルを築き上げました。

雲台山の雲逗逗フードコート

焦作に来たら、雲台山に行かないで、雲逗逗美食城にも行かないわけにはいかないでしょう。ここは一カード制の消費で、最初に雲逗逗美食カードをフロントデスクで購入し、カードには5元の資本金があり、観光客が自分でいくらチャージするかを決めます。一般的には、一杯の面や一杯の粉で18元から始まり、料理とご飯を売る店もあります。第1フロアが最も混雑しています。第1フロアには演出があり、川劇の変面や伝統的な雑技があり、すべてが熟練しており、台下の観客からは大きな拍手を受けています。

沁陽ドン国庆ロバ肉店

焦作の伝統的な特色の食べ物について話すとき、ロバ肉という用語は人々の頭に必ず現れるでしょう。そしてロバ肉について話すとき、必ず騒がしいスープが最も有名な種類に属するでしょう。騒がしいスープのロバ肉料理は、豫西北地域に固有の伝統的な民間料理であり、清順治時代に沁陽市の柏香鎮南関村の董自振によって創始され、今では300年以上の歴史があります。

花の小路

食いしん坊として、必ず行かなければならない所は、花間巷です。小吃で有名な花間巷は、博愛県でもっとも有名な小吃街です。太行山下の小江南、博愛県青城路と文化路が交差する場所に位置しており、博愛県の伝統的な小吃は、小車牛肉、牛ステーキ、牛丸、大骨などが集中展示される優れた場所です。