フランスの貴族生活を味わえる民宿をご紹介します。

ヨーロッパについて話すと、多くの人はまず貴族の生活を思い浮かべるでしょう。しかしフランスには多くの民宿があり、そこに泊まるだけで昔のヨーロッパの貴族の生活を感じることができます。

マゾ郡子爵家に属した18世紀初頭に建てられたマゾ別荘には、30の客室があります。静かで居心地が良く、庭園の景色を楽しめるスーペリアルームは、不眠症の方には絶対的な救いとなるでしょう!

マシラン城

マシヤン城は17世紀に建てられ、フランス国王アンリ2世にとって最も愛された愛人ディアナ・ド・プヴァッシュの別荘の一つでした。この美しい城は、外観は立派ですが、古典的な雰囲気にモダンな家具が溶け込むように、古典的な装飾と現代的なスタイルが融合しています。

シャトー・ラ・ロック

この伝説的な歴史を持つ壮大な建物は、11世紀に建設されました。それは何度かの所有権変更を経て、特に中世にはアヴィニョンの教皇の私有物となりました。多くの部屋は、11世紀の内装を保持しており、古風な石の壁と、古めかしい家具で満たされています。

ホテル・ラ・ミランド

ミランドホテルはアヴィニョンに位置し、教皇宮殿のすぐそばにあります。この城は18世紀の貴族邸宅の雰囲気を体験できます。18世紀のカーテンやシャンデリア、ソファや名画がホテルを彩り、最先端の快適な設備を完備しています。