武漢の人気SNSスポット、一緒にチェックインしに行こう!(下)

無限の魅力を持つ都市として、武漢は多くの新鮮な観光名所を持っており、人々に旅行の熱はもたらされ、多くの人々が武漢という都市を知ることになっています。そこで、武漢にはどのようなSNS映えする観光名所があるのでしょうか、一緒に見ていきましょう!

飛行機レストラン

「リリー航空」という飛行機レストランは、退役したボーイング737旅客機を改造して1年2か月の時間をかけて建設されました。また、実際の飛行機内で食事をすることに加えて、元の操縦席は改造されシミュレーション飛行体験室になり、飛行機内の既存の計器類などの装置はすべて保存され、顧客はパイロットの運転プロセスを体験することができます。

中南財経政法大学 - バス538

「次の停留所は茶山劉です」は、大家の猫が卒業時に大学4年生向けに書いた未完成の卒業歌です。「次の停留所、終着点、南湖大道茶山劉」という歌詞があります。この歌は武漢市のバス538号が流れることから有名で、シンプルな歌詞ですが、人々を深い思い出の中に連れて行ってくれます。茶山劉は中南財経政法大学のバス停名で、才門口にあるため、財大の象徴としてほぼ確立されています。
約17の租界時代に残された欧風建築物が、黎黄陂路の両側に保存されています。その中には、華俄道勝銀行旧址、ロシア巡捕署、中華基督教信義楼、アメリカ海軍青年会旧址、ロシア租界工部局旧址、高氏病院旧址、キリスト教青年会旧址、順豊洋行、邦可花园、惠羅公司、バコン府、首善堂、万国病院旧址などがあります。
「漢陽造」は、中国の「産業革命」を代表し、成功にかかわらず、中華民族の覚醒を象徴しています。中国の台頭には経済復興が必要であり、さらに「文芸復興」が必要です。唯一「文芸復興」が新たな「中国文明」を推進することができるため、「漢陽造」芸術区は中国中部の文化芸術の発展に貢献するために「漢陽造」の名を借りています。
1901年頃、バーンズ兄弟は漢口のロシア租界内で大きな土地を購入し、その範囲は東西に洞庭街から珞珈山街まで、南北に蘭陵路から今日の黎黄陂路までです。そして、洞庭街と鄱陽街が交差する黎黄陂路から蘭陵路までの三角地帯に対角線が等しい三角形の大きな家を建て、1901年に建設が始まり、1910年に完成しました。これが一般に「バーンズ邸」と呼ばれるものです。完成後、バーンズ邸はこの地域のロシア租界の象徴的な建物となりました。