オーストリアのザルツブルクにある『サウンド・オブ・ミュージック』の楽園-映画のロケ地

ザルツブルクおよびその周辺は、史上最も成功したハリウッド映画の1つである「サウンド・オブ・ミュージック」のロケ地の1つであり、この映画はザルツブルク・トラップ男爵家の実話に基づいています。1965年に公開されたこの映画は、濃厚な文化、壮大なバロック建築、特に美しい自然風景で知られるザルツブルクを一夜にして有名にし、何千人もの外国人観光客が訪れるようになりました。現在、ザルツブルクには「サウンド・オブ・ミュージック」ツアーを提供する多数の観光会社があります。この映画が大成功を収めた主な理由の1つは、オーストリアの貴族、トラップ男爵家の実話に基づいていることです。1938年、トラップ家はアメリカに亡命し、1941年にはバーモント州のストウに定住しました。彼らは大きな農場を購入して、ザルツブルグスタイルの農家に改造し、後に豪華なホテルやアパートに発展しました。

ザルツブルク大司教宮は、ザルツブルクの旧市街に位置する市庁舎であり、ザルツブルク大司教の住まいでもあります。この宮殿は大司教広場、大司教宮広場、ジークムント-ハーフナー通りに囲まれ、独特の地理的位置を持っています。この豪華な宮殿は、最初は1120年に建てられ、15世紀から16世紀にかけてヴォルフガング・ツー・プレッセンブルク大司教によって再建され、印象的な姿を現しました。今日、ザルツブルク大司教宮は美術館として使用され、16世紀から18世紀、19世紀のオーストリアの絵画の傑作を展示しています。館内には多くの著名な芸術家の作品が展示され、感動を与えてくれます。
ミラベル宮殿は、白い建物で、「大司教ウォルフ・ディートリッヒの宮殿」と呼ばれ、ディートリッヒ大司教が情婦のために建てた建物です。封建社会の閉鎖的な時代に、大司教である彼が自分の愛のためにこのような轟音的な決定を下したことは勇気があります。これは愛のためにリスクを負った勇気なのか、彼の傲慢な行動なのか、判断が難しいです。ディートリッヒが退任した後、この不名誉な出来事を漏らさないように、この建物はミラベル宮殿と名前が変わりました。ミラベル宮殿は、映画「サウンド・オブ・ミュージック」の撮影地の1つでもあります。
サルツブルク城の東に位置する山にある、歴史が古い聖堂。名前はNonnberg修道院で、714年に創設され、ドイツ語圏で最も古い女子修道院で、ベネディクト会の修道院です。この修道院は映画「サウンドオブミュージック」で知られており、マリアの最初のシーンが撮影された場所でもあります。
ザルツブルク南部のヘルブルン宮殿は、1613年から1619年に建てられたバロックスタイルの別荘で、「清泉」を意味しています。この別荘は、ザルツブルクの教区主教の夏の日帰りの滞在先であり、夜にはザルツブルクに戻ります。そのため、ヘルブルン宮殿には寝室がありません。この別荘は、庭園内のメカニカル噴水で有名で、夏の人気観光スポットとなっています。
ホーエンヴェルフェン城(Erlebnisburg Hohenwerfen)は、ザルツブルク州のヴェルフェン小都市に位置し、ザルツブルクから40キロ離れたザルツァッハ川の渓谷にあります。これは、ザルツブルク要塞とともに「姉妹城」として知られており、両城の歴史は11世紀までさかのぼります。ホーエンヴェルフェン城は周囲を高山に囲まれており、戦争時には地理的に優位で、防御が容易でした。ホーエンヴェルフェン城に登ると、360度の角度から城の周りの美しい景色を楽しむことができ、高い山々、青々とした山々、雲一つない空、そして山下の多くの家々を見ることができます。
映画の中で、トラップ一家が別れるシーンで、トラップ男爵が「エーデルワイス」を歌う場所。

ザルツブルクのペーター墓地

墓地にはサルツブルクの多くの有名人が埋葬されており、ナネル・モーツァルト(モーツァルトの姉)、ミヒャエル・ハイデン(音楽家ハイデンの弟)、カラヤンの師匠、大司教座教会の建築家サンティーノ・ソラリなどが含まれています。 映画「The Sound of Music」では、トラップ一家が追跡から逃れるためにこの墓石の後ろに隠れた場所でもあります。

レオポルトス宮殿

映画の中で、トラップ男爵は湖に面した別荘を向いています。レオポルトスクロン宮殿(または列宮)とその池は、トラップ別荘の後ろを描写するために使用されました。金色の装飾と鏡で飾られたヴェニスの部屋は、映画のパーティシーンに多大な影響を与え、今日では結婚式やイベントに利用されています。

音楽の声ガラスハウス

今日、ハイエルブルン宮殿に位置して、映画の中のガラス張りの屋根がシェーンブルン宮殿の中にあります。映画の中でも最も有名でロマンチックなシーンの一つです。

フーロン城の宮殿

宮殿の庭園や正門は『サウンド・オブ・ミュージック』で背景として使われ、非常に特徴的です。