青島市の優れた観光ルート、国内外の名所一覧(上)

青島は中国の観光地です。海岸線は863キロメートルで、49の入り江、69の島々、曲がりくねった川岸、岬と湾が連なっています。北温帯季節風地域に属し、海洋性気候で知られ、有名な観光地、リゾート、レジャー、観光、商用会議地です。青島市は「赤瓦と緑の木、碧い海と青い空」の都市的要素で有名であり、八大関は「万国建築の絶佳」と称され、嶗山は「海上名山の一番手」です。

青島 (せいとう) の桟橋 (さんばし)

青岛市南区太平路12番に位置し、清朝光緒18年(1892年)に建てられた砦橋は、最初に建てられた軍事用人工桟橋であり、現在は青岛の重要なランドマークや景勝地となっています。

太平路:たいへいろ。

栈桥を渡った後、太平路を東に観光してください。太平路は木々に覆われ、南側に海、北側には青島日報社、栈桥王子ホテル、山東路鉱業会社などの欧風建築があり、非常に美しい海岸観光道路です。

青島天后宮

明成化3年(1467年)から、青島天后宮は500年以上の歴史を持ち、青島市内で現存する最も古い明清のレンガと木造建築群であり、また省級の重要文化財保護単位でもあります。

青島ドイツ監獄跡博物館

天后宮から東に出て、常州路25番地の「青島ドイツ監獄跡」博物館があります。この特徴的な監獄は、古城を思わせる建物と司法団の建物が一体となっています。また、これは国内に現存する最も古い植民地時代の監獄跡の一つでもあります。
海軍によって創設された海軍博物館は、中国海軍の発展を包括的に反映することができる中国唯一の軍事博物館です。この博物館は非常に広く、展示されている展示品も豊富であり、子供たちと一緒に中国海軍の発展史を学ぶのに非常に適しています。
古琴の形をしたことから、小青島は「琴島」と呼ばれています。島の上からは真っ白な錐形の灯台から海の景色を眺めることができます。夜の時間になると、灯台の赤い光と桟橋の光が海面できらめき、「琴屿飄灯」という美しい景色を作り出します。この景色は青島の十大景観の1つであり、また青島市の象徴の1つでもあります。現在、この島は公園として観光客に開放されています。公園には主にマツの木が植えられ、季節に応じた花々が楽しめます。島の南部には比較的平坦な場所に、とても小さな広場があります。広場の中心には海を向いた古琴を持つ「琴女」の彫刻があります。