ドイツの第二次世界大戦の遺跡

1945年5月8日、ナチス・ドイツが連合国に無条件降伏を正式に宣言した。この日は第二次世界大戦ヨーロッパ戦線の勝利記念日ともなっている。70年以上が経過した今でも、ドイツには戦争の遺跡がいくつか残されており、世界に戦争を絶対にやめろと警告するとともに、火中遊びをしてはいけないと忠告している。

この目を引く建物は、ベルリン西部の商業中心地にそびえ立つウィリアム皇帝記念教会と呼ばれる建物で、第二次世界大戦の遺跡の1つです。教会の時計塔の尖塔は戦争中に爆撃により破壊され、それ以来「断頂教会」として知られるようになりました。現在、古い教会は新しい教会と時計塔に取って代わられました。新しい教会は現代的なデザインで知られており、外壁は八角形のカラフルなガラスで構成され、内部は独特の青色で、遮音効果も優れています。古い教会はウィリアム皇帝記念教会の歴史を展示し、その保存は第二次世界大戦の歴史的悲劇を忘れず、教訓を学ぶことを訴えています。

五塔楼

新浪漫主義スタイルのウィリアム皇帝教会は1895年に完成しました。1945年11月23日、連合軍の空襲で火災に見舞われました。戦後、高さ71メートルの破損した主塔は世界に警告を発する象徴として残されました。1961年、主塔の周りにある四つの新しい塔が完成し、古い建物と同様に全て文化財保護の対象になっています。

化元修道士教会 (Kagen shūdōshikyōkai)

ベルリン市中心にある仏教修道士教会(フランシスコ修道士教会)は1250年に建てられ、1539年に宗教改革中に解散されました。 1945年、教会は空襲で大部分が破損し、外壁の一部しか残っていませんでした。 2004年から、修復された遺跡は時折展覧会、音楽会、演劇などが行われています。

聖コルンバ教会

聖オルバンから程近い場所には、ケルンで最も古いカトリック教会である聖コルンバ教会(St. Kolumba)があります。980年に建設され、1943年にはほぼ完全に破壊され、中世後期の一部壁と聖母像だけが残りました。

聖母小教堂

1947年から1950年にかけて、人々はこの聖母像の元の場所に八角形の聖母小教会を建設しました。しかし、ケルンの人々はそれを今でも「がれきの中の聖母」と呼んでいます。1956/57年、人々は聖母小教会を基盤として、四角形の聖体教会を拡張しました。珍しいことに、2007年、聖コロンバ教会は完全に赤い司教教会美術館(Diözesanmuseum)の一部に統合されました。

カイエルプステン宮殿

ザーブスのケルプステ城(Zerbs)は、アンハルト-ケルプステの公爵邸であり、17世紀に建設され、3つの側翼があります。ケルプステ城は、ドイツ中部で最も重要なバロック建築の一つです。
ハンブルクの聖ニコラ教会は、1195年に建設されました。1842年の大火の後、人々は元の場所に壮大な新しいゴシック様式の教会を建設し、1874年にすべて完成しました。その147メートルの高さの塔は、かつて世界で最も高い建物でした。1943年7月28日、教会は爆撃を受け、燃やされました。聖ニコラ教会には塔と地下室のドームしか残っておらず、現在でも癒えない傷跡です。第二次世界大戦後、ハンブルク市議会はこの教会を再建しないことを決定し、代わりに廃墟を「1933年から1945年までの戦争と暴政の被害者の記念地」として利用することにしました。地下室には文献センターが設置され、長年にわたって「ソドム作戦 - ハンブルク大空襲」展が開催されています。

聖母教堂

1945年、ドレスデンのバロックの宝石、聖母教会―プロテスタント教会の壮大な芸術の証人―は廃墟と瓦礫に変わりました。1945年2月の大空襲でも無傷だったが、翌日に崩壊した。長い間、この廃墟は戦争と破壊に対する反対の記念地として使用されていました。東ドイツはこの教会を修復する財力がありませんでした。ドイツ統一後、聖母教会は1996年から9年間の再建を開始しました。廃墟の石材は新しい建物に使用されました。このプロジェクトには1.8億ユーロが費やされ、16の国内および世界各地の支援団体が募金に参加しました。これは希望と民族団結の象徴です。

パーフェルツハイム

1947年に建てられたプフォルツハイムのキリストの復活教会は、周囲の家屋の廃墟から掘り出された3万個のレンガを使用した、戦後ドイツで建設された最初の教会です。それは新しい始まりの象徴だけでなく、壊滅的な戦争に襲われたドイツで建設された46の仮設教会の模範を築きました。