ドイツ フランクフルト:華人がおすすめする地元のレストラン10軒

フランクフルト、ドイツは高層ビルが立ち並び、明かりがともる都市の1つであり、非常にたくさんの特色豊かな料理があります!次に、フランクフルトの10人の中国人が推薦するトップレストランを紹介します!

メディチの雰囲気は明るく清潔で、サービスも非常に良いです。夕食の価格はやや高めですが、ランチのメニューは非常に安く、フランクフルトで「一人当たり30ユーロ未満の最高のビジネスランチの場所」と評価されました。

ビター&ザルト チョコラテリー

店内装飾はヨーロッパの芸術的な感覚と清新な感じに満ちています。フランクフルトでの午後のお茶をゆったりと楽しみたい方には最適の場所です!ピーク時には非常に混雑しているため、席がないかもしれません〜そしてここでは事前予約はできません。本当に食べられるかどうかは運次第です〜
#Tripadvisor猫途鹰#ランキング:フランクフルトが1位です。この店の名前は直訳すると「私たちのリンゴ酒」です!店内の長い古い木製のテーブルのデザインで、見知らぬ人でも同じテーブルで楽しくおしゃべりや食事ができる、まさにドイツ風のスタイルです〜しかもボリュームたっぷりで安い!フランクフルトの特産品であるリンゴ酒も、ここでは看板メニューの1つです。さまざまな酸っぱいリンゴをブレンドして作られた、Geripptesと呼ばれる伝統的な杯子に注がれます。心をこめて!
ここではラーメンのみ提供しており、寿司や刺身はありません。お客様の選択に応じて、麺の硬さやスープの濃さが異なる味わいを提供することができます。スープは濃厚で味わい深いです。また、必ず事前に予約してください!サービス態度は本当に素晴らしく、心遣いもあり、バッグを置くための竹かごを用意しています。
#Tripadvisor猫途鹰# ランキング:フランクフルトのデザートが一位で、ドイツで数少ない原始的なアフリカ風味のレストランです。食事だけでなく、店舗のレイアウト、音楽、照明などもアフリカの特徴を表しています。内装は基本的に木材で、原始的な感じがあります。砂利の床、小さな木の家、木の家があり、とにかく非常に特色があります!

歌舞伎

Kabukiはフランクフルト市中心に位置していますが、周囲にいくつかのレストランがある中でも目立ちません。店に入ると、壁にはさまざまな賞状が掲示されています。店内の装飾は、日本らしい雰囲気が漂っており、従業員もほとんどが日本人です。第一印象は、「ああ、本格的だな」という感じです。(ドイツには多くのアジア料理店がありますが、アジアを売りにしているにもかかわらず、アジアでは食べられない「アジア料理」を提供している場合があります)
デザインはシンプルですが特色があります。代表的なメキシコ料理"Al Pastor"は小麦粉やトウモロコシを巻いたタコスで、具材の選択肢も豊富です。同様に、メキシコの特徴的なドリンクも提供しています。ミニマルなスタイルの特色料理を味わうことは、一度試す価値があります。

ポンテ

住宅街にある普通の小さなバーですが、忘れられない素晴らしい味があります。ここで出される海鮮料理は非常に新鮮で、スペインに滞在していた時を思い出させます。精巧な技術で作られた料理は、お客様の満足を得ます。ポンテ地区では多くの人々が出入りしており、みんなが互いに知っているようで、気軽に食事をするかのようですが、ヨーロッパの餐桌上のエレガントな雰囲気も漂います。
住宅地区にある韓国料理店で、ここの焼肉は非常に人気があります。前菜は多種多様で、ボリュームも十分で、正真正銘の韓国風味です。牛肉石鍋、牛肉スライス薄切り、口当たりが良く、人参とネギが添えられています。

バッファロー

ここではステーキに特化しており、すべての牛肉はアルゼンチンから来ており、異なる部位(牛臀部、腰、フィレ、リブアイ)と重量(180グラム、300グラム、400グラム)についての専門的な説明があります。注文時には、ステーキと一緒に別のサイドディッシュも注文する必要があります。毎テーブルには、この店の秘伝の牛肉のホットソースが付いており、パンに塗って食べたり、ステーキと一緒に食べたりすることができます。このソースは南米の味があり、辛さもあります。テイクアウトもあり、食事を終えた後は缶詰を購入することもできます。