「陝西観光必須の写真撮影スポット!」

中国の重要な発祥地の1つである陝西は、歴史が古く、人文景観が豊富です。陝西省は黄河長江流域を横断し、秦嶺が縦横に走り、自然の風景が美しいです。

延安

延安は全国革命旧地保護の程度が最も高く、規模が最大で、赤い観光資源が最も豊富な都市である。古い革命家たちは延安で13年間生活し戦い、非常に豊富な革命遺跡を残し、世界的にもめったに見られないものです。延安はまた、「中国革命博物館」としても知られています。

華山

有名な五岳山の中で、華山は西岳で、古くから「世界一危険な山」と言われています。華山は道教の名山で、殿舎や楼閣が華山周辺に建ち並び、自然と人文景観が相互に映し出され、国民が憧れる有名な山です。
中国で最初の大規模現代国家博物館で、西安の大雁塔の北西部に位置しています。建設により、中国の博物館事業は新たな発展段階に入りました。 博物館には37万以上の貴重な文化財が収蔵されており、100万年以上にわたる歴史が跨がっています。それらには、古代の原始的な石器から1840年以前の社会生活に使用されたさまざまな器物まで含まれています。 商周時代の青銅器、陶俑、唐代の墓の壁画などは、世界でも最高峰のものです。 博物館は「華夏の宝庫」として認知され、中国の古代文明と陝西省の歴史文化の展示において独特の芸術的価値と意義を持っています。それは中華民族の歴史の精華を凝縮したものであり、陝西省の歴史文化の傑出した代表でもあります。

鍋田の滝

世界最大の黄色い滝、宜川県の壷口の滝は、中国で2番目に大きな滝です。黄河壷口瀑布は、壮大な雰囲気を醸し出しています。沸騰し続ける黄河がここで世界的に有名な大瀑布を形成しました。壺口の滝は、旧版50元人民元の背景として使用されています。

青銅器博物館

中国青銅器博物館は、宝鸡に位置し、国内最大の青銅器博物館です。宝鸡は西周、秦国の発祥地であり、地下文化財が多数存在し、その中でも青銅器が最も希少です。人々に宝鸡青銅器博物館の青銅器文化を深く理解していただき、中国の青銅器文化の魅力を味わっていただきたいと思います。

韓城古城 (かんじょうこじょう)

韓城の古都、南に水城、西に梁山、東北に塬があり、山と水が相互関係して、守りやすく攻めにくい。旧市街エリアには、一排の明清の街道、一群の古い建造物、一連の四合院の古い住居があり、古風で保存状態が良い形式を持っています。