延安に一生に少なくとも一度は来るべき!必ず訪れるべき観光スポットはここです。

陝北の黄土高原に位置する小都市-延安。閉鎖的で静かで、素朴で清涼感がある陝北の人々は、自分たちに属する黄土文化と延安革命の歴史を守っています。

鳳凰山革命旧址は延安市内にあり、全国重点文物保護単位です。これは中共中央が1937年1月13日から1938年11月20日までのオフィスであり、この期間中、中共中央は土地革命戦争から日中戦争への戦略転換を経験し、戦略的な防御段階を経て日中戦争を乗り越えました。すべての面で全面的な抗戦路線を貫くために、中共中央は洛川会議や六届六中全会などの重要な会議を開催し、各種の取り組みの急速な発展を推進しました。
延安市政府はアリババと協力し、マ・ユンは2回ここに来ました。主要建物は、私たちを1938年の延安市に連れ戻すように見えます。
国民党第一戦区長官の胡宗南は、34個旅団、25万人を率いて延安を攻撃しました。 彭大将は、北西野戦旅団と3つの自治旅団を率いて2.5万人を率いて、党中央の毛沢東主席の指導の下で(一戦、二戦、パンロン鎮、三站羊馬河)長年の苦闘の末、3回の大戦闘を経て、延安防衛戦の決定的な勝利を得ました。
南関の交差点に位置し、中華人民共和国成立後に建設された最も古い建物の一つです。1954年に中共中央の旧址である楊家嶺に移転し、「延安博物館」と改名されました。1955年には鳳凰山の旧址に移転し、「延安革命記念館」と改名されましたが、1973年6月に現在の王家坪の場所に移転しました。

宝塔山(ほうとうさん)

宝塔山は中国陝西省延安市にあり、塔が建てられたことからその名が付けられました。宝塔山に登れば、延安市の全景を見渡すことができます。革命都市延安の重要な旗印となっている宝塔山は観光地として必見です。自然景観、人文景観、歴史遺産、革命遺跡が一体となった観光スポットとなっています。
100年前、ここは人が少なく、水源も豊富で、土地も肥沃で生産が繁栄し、経済も繁栄していました。清代中期に、清朝政府が回族と漢族の対立を煽り、互いに殺し合うようになり、ここは草や木が茂り、人影がまばらな荒野となり、野生動物がはびこるようになりました。
壷口の滝は、九曲黄河上に輝く輝く宝石です。黄河は中国の母なる川であり、世界で唯一の金色の大瀑布でもあります。「源出昆仑衍大流、玉关九转一壷收」と言われています。黄河は黄土高原を流れ、秦晋峡谷に入ります。河床は急に束縛され、40〜50メートルの大壺のように傾いて名前が付けられました。陝西の壺口瀑布景区では、毎日17:00に正確に開催される「黄河大合唱」のパフォーマンスが45分間行われ、4つの章に分かれて地元の民俗文化を体験し、反戦運動と革命精神、赤い文化に触れることができます。 歴史的には、古渡口小鎮は明清時代に繁栄し、東西竜王と同様に壷口川の船商取引の集積地であり、桑津渡と呼ばれていました。現在、観光客は黄土高原特有の窯洞建築を見ることができ、地元の特色ある料理を味わい、古代の豊かな歴史を感じることができます。