永遠に忘れられない美しい街丨滇西北編

人混みを避けたいけれども楽しく遊びたい?それは小ゲームの秘密攻略をチェックするべきです。美しい島、涼しい避暑地、文化旅行...食べる、飲む、遊ぶが豊富で人も少なく、フレンドリーな写真を撮ることもできます。旅程のお勧め:リージャン古城-シャングリラ-ルグ湖-プダツォ国立公園-ソンツァンリン寺-ラムヤンツォ湖-虎跳峡。

丽江古城は長い歴史を持ち、水の町の姿と山の街の面を兼ね備えています。少数民族の都市であり長い歴史を持っているこの街は、都市の全体的なレイアウトから、建築物や工事に至るまで、漢族、白族、彝族、チベット族など、様々な民族の精華を取り入れ、独特の魅力を持っています。
シャングリラには牛や羊が群れをなしており、澄んだ明鏡のような空が広がっており、いたるところに寺院や経幡が見えます。

ルグ湖

朝早く麓谷湖に日の出を見に来ると、金色の光輪が空から湖全体に広がる様子に、湖に生育している木が湖面に映る様子が、波紋に揺れて美しく酔いしれます。

プダンツォ国立公園

滇西北に位置する「三江交流」の世界自然遺産の中心地にあり、国際的に重要な湿地である碧塔海自然保護区と「三江交流」の世界自然遺産であるハバ片地域の属都湖景区からなる。碧塔海、属都湖、弥里塘亜高山牧場が主要な構成要素であり、香格里拉観光の主要な名所の一つでもある。

松赞林寺

松赞林寺は、通常噶丹・松赞林寺を指し、古代の城塞の建物の一つです。 1679年(チベット暦の11年の土羊の年)に建設が始まり、1681年(鉄鶏年)に完成しました。 5世ダライ・ラマが「噶丹・松赞林」と名付けました。
拉姆央措湖は、チベット語で「聖母の魂の湖」という意味で、松贊林寺の向かいに位置しています。有名な女神バイデンラムの魂の湖であるため、神界でも非常に有名です。

虎跳峡

虎跳峡は、中国で最も深い渓谷の一つで、「険しい」という名前で知られています。 虎跳峡には香格里拉セクションと丽江セクションがありますが、香格里拉の虎跳峡は国家AAAA級の観光名所であり、上、中、下の虎跳峡、そして高山ハイキングコースが含まれています。