北京以外の場所 これらの場所で海外旅行気分を味わってみてください

突然の流行で避けられませんが、長期的な計画に影響を与えましたか?実は、京城市内にはこれらのマイナーな観光スポットがあり、国内にいるような気分になることができます!疫病を避けて、ぜひ訪れてみてください!

黒龍潭景色

黒竜潭景区は、密雲ダムの近くに位置し、落差220メートルの峡谷を持っています。夏にはここで涼しく避暑することができ、冬には氷の滝や雪山の美しい景色があります。

石刻博物館

600年以上の歴史を持つ真覚寺は、国内で最も美しい金剛宝座塔を所有し、複雑で古風な彫刻仏像が敷き詰められ、東南アジアの建築美を組み合わせています。

紫玉山荘

北京市中心の桃花源別荘地域は、大面積の森林に覆われ、湖を抱え、メーホン鹿、アルパカと親密に接触することもできます。散策するだけでも予想外の景色が広がっています。

ボンシーITOWN

798の文化産業パークのように、多数の映画・テレビ基地、芸能人の工房がある。古い工場を改修して建てられたこのパークは、不規則な建築物が強い現代的な感覚を持っており、時折列車が中を通ります。
朝陽公園の白いローマ回廊は、光と影が揺れ動くと、まるで映画のシーンにいるかのようだ。それに加えて、二重回転メリーゴーランド、虹の壁、草地があり、撮影率は非常に高いと言える。
住宅地域に隠れた人定湖公園は、北京ではめずらしいヨーロッパ式庭園を持ち、林の中の草地に微風と鳥のさえずりが響き渡り、ロマンチックなヨーロッパの庭園にいるかのような雰囲気が漂います。ここは映画「甲方乙方」のロケ地でもあります。
順義にある国際花博覧センターは、「中国花卉博覧会」のために建設されました。広大な芝生が緑化され、多種多様な鮮花が植えられ、季節に合わせたテーマ花展も開催されます。北京の小さなオランダと称されています。

中国油画院 (ちゅうごく・ゆうがいん)

「北京小モロッコ」と呼ばれる油絵館で、有名モデルのリウ・ウェンも写真を撮りに来た。乳白色の教会の建物は、人気のウェディングフォトステージになっている。