ホルンベールは最も人気のある観光スポットです。

フーロンベイルの枯れ草、広大な野原、果てしない空、雰囲気、広々とした空気、多くの写真撮影スポットです。

黒山頭

黒山頭、モンゴル語では「ハラトウラガイ」と呼ばれる。黒山頭の町は、黒山群があるためにその名が付いた。黒山頭はエルグナ市の南西45キロメートルに位置し、西部および北西部はロシアのプリアルゴンスク地区とエルグナ川をはさんで対峙し、南は陳バルハル旗に接し、東北はサンヘホ回族郷、恩和ロシア族民族郷に隣接している。

結婚式場

結婚式場は、満洲里市の市内の高台である東山植物園の小さな丘にある簡素で厳かで優雅なゴシック様式の建物であり、観光、ヨーロッパ式の結婚式などの機能を兼ね備えた総合施設であり、また満洲里の象徴的な建物の一つでもあります。

モジグル草原観光地

群れる牛や羊、遠い山々の線が淡い暖色で彩られ、この情景は気高く壮大です。

フルンベル古城

フルンベルグ古城は1734年に建設され、清朝政府が黒竜江に設置した2つの国境都市のうちの1つでした(もう1つはアイヒュン城)。古城の元の場所は現在、ハイラル地区の正陽通り周辺です。現在は商業街と組み合わせて、ハイラル市内の主要な観光地の1つとなっています。

満洲里マトリョーシカ景区

満洲里のマトリョーシカ景区は、満洲里市の象徴的な観光スポットです。景区内にはマトリョーシカワールド、ハッピーランド、マトリョーシカシアター、ロシア民俗体験館、ロシア・モンゴル演芸劇場、エクストリームパークの6つの機能エリアがあり、世界的に有名なロシアのサーカス、夢のバレエ、ロシアの工芸品などがあります。

機関車広場

機関車広場は2004年6月に完成しました。広場内にある機関車は1940年製の日本製蒸気機関車で、下のレールは1925年にソビエト連邦で製造された43レールです。43レールと言われるのは、1メートル当たりの重量が43キロであるためです。この機関車のナンバープレートは「1861」です。

国境警備道路

青空白雲、草原森林、河川野花、シンプルな要素だが、美しく絵画のようにみえる。国境の道路:「中国最も美しい道路」と呼ばれる、長さ6キロメートルの直線道路で、特に一部で車を山の頂上まで乗り上げて周囲の山々を一望することができる。