満洲里でおすすめのものリスト。

山や水を超え、草原や砂漠を自転車で走り抜け、牧場をオフロードで穿り、牧畜民たちが暮らす生活を知ることができます。ここでは都会の汚染はなく、自然の偉大さと詩人たちが自由に表現することができます。

満洲里マトリョーシカ景区

満洲里マトリョーシカ観光地は、満洲里市の象徴的な観光スポットです。 マトリョーシカワールド、ハッピーランド、マトリョーシカシアター、ロシア民俗体験館、ロシア・モンゴル演劇劇場、エクストリームパークなど、6つの機能エリアがあり、世界的に有名なロシアサーカス、夢のバレエ、ロシアの民芸品などを楽しむことができます。

ウェディングパレス (wedding palace)

結婚式場は、満洲里市の最高点である東山植物園内の小さな丘にあり、シンプルで重厚感のあるエレガントなゴシックスタイルの建物で、観光、欧州式の結婚式などの機能を備えた総合施設であり、満洲里の象徴的建築のひとつでもあります。

フフルン湖

フルン湖は、中国の五大淡水湖の一つであり、ダーライ湖とも呼ばれています。「ダーライ」とはモンゴル語で「海」を意味し、「ダーライ湖」は海のような湖のことを指します。フルン湖の湖面は不規則な斜長方形をしており、湖水面積は広いです。
チンギス・ハーンの野営地はモンゴル遊牧民族の景色を見ることができる観光地であり、フフルン・ベリ境内で最大のモンゴル部落で、東湖地区のダヤン山四季スキー場の東側に位置しており、面積は10万平方メートルです。周辺は豊かな天然の牧草地であり、歴史的に多くの遊牧民族がこの地で遊牧・繁殖してきました。

機関車広場

機関車広場は2004年6月に完成しました。広場内にある機関車は1940年製の日本製蒸気機関車であり、その下にあるレールは1925年にソビエト連邦で製造された43レールです。43レールとは、1メートルあたり43キログラムであることからその名が付けられました。この機関車のナンバープレートは「1861」番です。

中露国境河と国境標識観光地域

中露国境川と境界石観光区はエルツ湖に位置しています。エルツ湖は国境川であり、その北西部はロシア領土まで深く入り込んでいます。国境川の両側には、中国とロシアの数多くの境界石が対応しており、彼らは自国の領土を守る忠実な見張り兵のようです。
歩行者天国はロシア風情にあふれており、夜になると童話のような魅力的な夜景を楽しむことができます。この時、街は明るく、多くの金髪碧眼のロシア人が訪れ、自分たちの小庭園にいるように散歩しています。一方で、中国の観光客には外国の国にいる感覚があります。

満洲里国境観光区

満洲里国境の観光地は、満洲里市の象徴的な観光地であり、全国的な赤い旅行重点地でもあります。 中露国境の観光地でもあり、国境の上には「中華人民共和国」の赤い大きな文字が7つあります。また、満州での観光客には必見のスポットでもあります。