プーケットのジャングル・ジャンプ

タイに来たなら、ジャングル飛び越しを体験しないと、タイに来た意味がないでしょう?ただ、プーケット島とチェンマイのジャングルダイブにはどんな違いがあるのでしょうか?プーケット島にはどのようなジャングルダイブがありますか?それぞれどんな特徴がありますか?プーケット島でジャングルダイブに行くには、どのような選択が適しているのでしょうか?心配しないで、下の方に見てみましょう。

空飛ぶハヌマン(Flying Hanuman)

プーケットで最大のジャングルジップラインプロジェクトであり、最高地点ではKathu地区全体を見渡せます。

ターザンの冒険

ターザン人猿のジャングル冒険は、熱帯雨林に囲まれた山に設定されており、休憩エリアや一部のスポットからはプーケット島の東海岸の魅力的な海景を楽しむことができます。全体で42のスポットがあり、ジャングルフライングとともに、登攀、吊り橋、歩道吊り橋、ロープネットなど、体力と身体のバランスを試すチャレンジも増やされています。特に素晴らしいのは、パーク内の休憩エリアからはチャロンピアポートの美しい海景を見ることができ、天気が良い日には山の白い塔もはっきりと見えます。

神猿の世界(Hanuman World)

Hanumanは、インドの神猿です。ハヌマーンは空を飛び、霧を追い、孫悟空に似たという伝説があります。「神猿の世界」では自然をより感じることができます。熱帯雨林のジップラインで時速40キロで飛び、とても刺激的な感覚が得られます。

ジャングルスカイライン(SKYLINE ADVENTURE PHUKET)

タイのジャングル飛び越しの先祖であり、チェンマイで最も有名なジャングル飛び越しは彼の家のものです。プーケット島のスカイラインはラワイベイに位置し、比較的新しいジャンピングキャンプです。8つのプラットフォームステーションがあり、ラワイビーチとカタビーチを見ることができます。18本の高い索があり、プーケット島で最も高く、最も長い索が含まれています。ジャンプ以外にも、壮観なツリートッププラットフォーム、クライミング、スカイブリッジ、螺旋階段などの刺激的な施設があります。