杭州の西溪湿地東エリアはどのように楽しめますか?

西湖の湿地帯を話すと、行ったことがない人は『非誠勿扰』の印象だけに残るかもしれません。しかし、西湖は本当に大きくて複雑です。

秋雪庵は、浙江省杭州市の西溪湿地の中心部に位置し、西溪湿地の非常に重要な地域でもあり、有名な「西溪八景」の1つです。
舒淇と方中信が舞台としている深潭口は、湿地公園内にある飲食店やショッピングが比較的集中した地区です。この場所は湿地全体の最も深い場所で、深さは4〜5メートルだと言われています。現在の深潭口川には青い石板の埠頭があり、沿岸には数十の住居、いくつかの石橋、数箇所のブドウ棚があり、豊かな江南水郷の柔らかな雰囲気が漂っています。

煙水漁庄

煙水庵の南部に位置し、朝天暮漾にほど近い煙水漁村の「煙水」は、柳煙、雲煙、煮煙の三烟の精妙さがある。人と煙水とが共存することは、まさに仙境に身を置いているような感覚である。もし余裕があれば、湖畔で釣りをしたり、堤防を散歩したり、地元の米酒を飲んで西溪の先住民の生活を感じてみるのも良いだろう。

高庄宸跡

高荘(こうそう)は、清代の有名な文学者、書法家の高士奇が西溪に所有していた庭園です。康煕帝が南巡する際に、ここを訪れ、「竹窓」という言葉と詩を与えました。現在の高荘は高家、竹窓、捻花書屋、桐荫堂、蕉園詩社などの建物から構成され、康煕帝が高荘に滞在した当時の歴史的な場面を再現しています。