内モンゴルフルンベル県内の歴史文化博物館の紹介

地元の歴史を知るために、最も良い場所の一つは地元の博物館に行くことです。

フルンベル民族博物館

内モンゴル自治区フフホト市ハイラル区の勝利大通り付近に位置する。収蔵品は1万点以上で、呼倫貝爾民族博物館は2009年6月20日に正式にオープンした。呼倫貝爾民族博物館は、呼倫貝爾市で唯一の総合博物館であり、地理的特色と民族的特色を持つ。内モンゴル自治区の重点博物館の一つであり、扎賚諾爾で出土したマンモスの化石のレプリカや、扎賚諾爾人の頭蓋骨の化石のレプリカ、民族生活用品などが展示されています。

アウルクゴヤ博物館

ここでは、敖魯古雅トナカイ文化についてより詳しく理解することができ、北緯52度に生息する敖魯古雅は、神秘的な古代民族です。博物館の建物面積は1500平方メートルで、民族的な特徴を際立たせた木装飾が外観を飾り、視覚的なインパクトを与えます。博物館は、教育的、歴史的、鑑賞的の要素を兼ね備えており、現代的な展示ホールで展示、文化などの多機能を一体化しています。博物館は、ビデオ、サウンド、光、3Dなどのハイテク手段を使用して、敖魯古雅エフェーン族の狩猟、白樺皮、シャーマニズム、獣皮、トナカイ、北極圏などの文化を展示する6つの展示ホールに分かれています。

ザライノル博物館

ザラノール博物館は、中国内蒙古自治区・呼倫貝爾市のザラノール区に位置しており、南に301国道に面しています。地域の歴史文化や自然資源を展示するレジャー施設であり、呼倫貝爾市内で最大かつ蒙元文化を集中的に展示する施設です。博物館には、ザラノール歴史文化ホール、呼倫湖生態湿地ホール、ザラノール炭鉱ホールの3つの展示ホールがあります。
エヴェンキ博物館は、エヴェンキ旗が成立して40周年を祝うために建設されました。これは、中国で最初のエヴェンキ族の政治、経済、文化、生活、発展史を専門に紹介する博物館で、1996年に建てられました。博物館は1万平方メートルを占め、現代的な建築スタイルと民族的な特色を持っています。博物館の展示品には、貴重な文化財、動植物の標本、実物、写真などがあります。展示方法は、平面と立体を組み合わせて、遠く広がるエヴェンキ民族の歴史、多彩なエヴェンキ民族の風習、現代のエヴェンキ民族の様子を紹介しています。旗史館では、エヴェンキ族自治旗の成立以来の発展、建設成果、輝かしい前途を紹介しています。

リリアレバ荘園

中科リリヤ荘園は、内モンゴル自治区フルンベル市のアルグナに位置し、静かな場所に建てられ、数千エーカーの草地を一望できます。高速道路から降りると、ロシアのレッド・スクエアに入ったと思うような、独特な建築物として中科リリヤ荘園の施設が見えてきます。赤いメインホールの構造体に、東欧建築の尖塔が加わり、18世紀後半のフランスのミニマルな建築様式の影響を受けたロシアのタワーが対称になっています。特に夜になると、建物上のネオンライトが一緒に点灯し、色彩の変化が穏やかな夜を演出し、メインビルと周囲の景色が美しく映えます。

世界反ファシズム記念公園

世界反ファシズム戦争のヘイラル記念園は、ヘイラル市の北部に位置し、国家5A級の戦争テーマパークとして位置付けられ、総面積は110ヘクタールで、かつて侵華日軍のヘイラル要塞跡地に建てられました。愛国主義、国際主義、革命英雄主義を統合した軍事テーマの赤い観光スポットであり、国内でも希少な同様のテーマを持つ公園の一つです。

ノーモンハンの戦い遺跡展示館

ノモンハン戦争遺跡は、中国内モンゴル自治区イバルハル左旗のアムグランタウンから南へ60キロの場所に位置しており、1994年に内モンゴル自治区レベルの愛国主義教育基地および重要文化財保護単位に授与されました。ノモンハンの戦闘遺跡観光エリアは、2.97平方キロメートルの土地を有しています。受付エリア、軍事エンターテイメントエリア、軍事博物館エリア、総合サービスエリアの4つの機能エリアに分かれています。入口エリア、罪悪エリア、崩壊エリア、永遠の平和エリア、野外キャンプエリア、クオリティトレーニングエリアの6つのメインエリアと46のスポットがあります。記念館は、密閉された要塞のように見える外観デザインとし、建物面積は2264㎡で、フレーム構造を取り入れ、主要部分は4階建ての建物です。展示館内には、岩石のような落ち着いた灰色を基調とした色調を採用し、当時の戦闘シーンや政治状況を反映するために強力な金属色が補われています。形式的には、音響、照明、電気などの先進技術手段を使用し、現地にいるかのような感覚効果を達成する予定です。