北九州で桜を楽しむ春の秘訣

日本では、沖縄諸島以外で最も早く桜が開花するのは北九州です。北九州の九州北部で桜を楽しむための人気のスポットやプライベートなコレクションをまとめたガイドブックを見るには、クリックしてください。

鬮田神社は福岡地域の信仰の中心です。毎年7月、福岡で最も有名な祭典である山笠祇園祭がここで始まります。祭典の期間中、最も目を引くのは7月15日の追い山笠です。この光景には特別な魅力があり、見とれてしまいます。神社の常設の彩飾り山笠だけでなく、鬮田神社の千年の歴史を象徴する古いイチョウの木も見ることができます。これらの光景は非常に壮観で、一見の価値があります。
馬場大道の両側に植えられているのは樹齢の長い桜で、互いに交互になって桜並木を形成しています。ここは福岡で最も人気のある花見スポットの一つで、一般的には日本の地元の人しか来ません。毎年3月下旬から4月上旬、道路の両側にある桜が咲き誇り、天を覆いつくすような光景で、約10万人が訪れます。その盛況は想像するしかありません。
太宰府天満宮は、日本の福岡県太宰府市に位置し、日本全国の天満宮の総本社の一つであり、京都の北野天満宮と並ぶ存在です。ここには、平安時代の学者、菅原道真が祀られており、彼の墓地でもあります。日本の学問の神と書道の神として、菅原道真は非常に崇拝されており、多くの学生が二見参りに来て、金榜題名を祈っています。
ここは桜を見るのに最適な場所です。公園の設計は合理的で、入口ではさまざまなガイドマップを受け取ることができます。それぞれに1時間から3時間のハイキングコースが異なる色で示されています。

扇山桜花園

扇山桜園は、別府で桜を鑑賞する有名なスポットです。約6000本の桜の木が植えられており、ここは高台から桜を鑑賞するのに最適な場所で、桜園から別府湾の美しい景色を眺めることができます。別府市全域に温泉の湯気が立ち込め、海と融合した景色も素晴らしいです。扇山桜園は、ハイキングに最適なスポットでもあり、多くの遊歩道があり、散策しながら花を鑑賞することができます。

ヘル・ダイブ(温泉)

地獄の海と名付けられたのは、公園内で最大の温泉が海のエメラルドグリーンの美しさを呈しており、熱気と煙が仙境のようにも見えるからです。春には桜が咲き、温泉で卵を茹でて花を楽しむこともできます。地獄の海には無料の足湯スポットがあり、疲れた観光客は足を浸してリラックスすることができます。
水前寺成趣園は、江戸時代に肥後国細川藩初代国大名細川忠利によって建てられた庭園です。細川家の数代にわたる工事により、現在の姿になり、陶淵明の『帰去来辞』にちなんで成趣園と名付けられました。この庭園は通常、水前寺公園と呼ばれ、約7万平方メートルの敷地を占めています。成趣園の中心は、噴出する阿蘇伏流水によって形成された池です。庭園は、桃山時代の回遊式の設計を採用しており、假山、浮石、築山、草坪、松などの要素を利用して、東海道五十三次の美しい景色を作り出しています。
300年の歴史を持つ島原城は、城下にある堀の周りに桜の木が植えられており、約250本の桜の木で囲まれた古城全体が、春には城壁外の堀の周り約1.5キロの桃色の桜並木となり、心惹かれる美しさを見せます。その中には、桜のトンネルが形成されている部分もあり、人々を魅了し、忘れられない美しさを放っています。夜には、幻想的かつ美しい夜桜の風景を楽しむことができます。
大村公園内には21種類の約2000本の桜が植えられており、公園の中心にある大村神社では300本以上の大村桜が植えられています。毎年美しく上品な大村桜は、染井吉野が咲き終わった後に咲き誇り、公園の一角をピンク色に染めます。花見シーズン:3月下旬~4月中旬。夜桜ライトアップ時間:夕方から23:00まで。
武雄の春の景色は非常に美しく、温泉街の桜が満開で、医療美容の保養所は桜に囲まれています。春の武雄はすべてがピンク色で、ますます美しく見えます。温泉に浸かり、風が吹くと花びらが散り、感嘆することができます。
御船山遊園地は、旧武雄釜島家別荘跡の庭園を基に日本国の記念物として、御船山の断崖を背景にした桜の名所として知られています。そして春には早咲きの桜と晩春のツツジが有名です。50万平方メートルの広大な花園は、山登りから眺めることができ、色とりどりの花々が咲き誇っています。ツツジの開花期には、紫色と赤色が混ざり合って美しいです。桜の季節も絵に描いたように美しいです。夜には、ライトアップされた夜景で静かに美しく輝きます。
小城公園は、「日本桜名所百選」で唯一の佐賀代表です。日本庭園の典型的な特徴である茶室、神社、池、假山の組み合わせは、公園を日本の歴史公園百選に選ばせるほど独特です。花期には、3000本以上の桜の木が咲き誇り、この二重百選の公園は有名です。夜には、公園内の池の表面にはライトアップがあり、桜の倒影が現れ、無限の想像力を加えます。小城公園を散策すると、地元の有名な鯉料理と小城羊かんを楽しむことができ、美しい景色と美味しい食べ物が融合しています。
徐福自転車道は佐賀市内で桜を楽しめるスポットの一つであり、桜の季節でなくとも観光客が散歩するのに非常に適しています。道路の両側には約1,200本の桜が植えられており、桜が満開になる時期には、地元の人々や観光客が多数この道路でお花見を楽しんでいます。
ここは北九州市の紅葉を楽しむ秋の名所であり、桜を楽しむ春の絶好の場所でもあります。春には緑の草地が広がり、ローズマリーの小さな紫の花が咲き、魅惑的な香りを放ちます。そして、桜は太陽の下で華やかに咲きます。市民公園として、桜の木の下でのピクニックは地元の人々にとって大好きなアクティビティです。
熊本城は、日本の熊本県熊本市に位置し、加藤清正によって建てられました。城を建てる際には、食糧と敵の攻撃に対抗するために、城の周りに銀杏の木を敷き詰めたことから、「銀杏城」と名付けられました。熊本城は、名古屋城、大阪城とともに日本三大名城の一つとして知られています。
能古島の北部に位置する自然公園は、約15万平方メートルの面積を持ち、四季に花が咲きます。春には桜を愛で、冬には水仙を鑑賞し、油菜やアジサイは秋の主役となります。ここは博多湾の青い海と青空とともに美しく、"絶景"として認められています。

ツル舞公園

舞鶴公園は、整然としたいくつかのエリアから構成され、さまざまな桜の品種が分布しています。城跡遺跡に登ると、福岡全体を見渡すことができます。舞鶴公園は24時間開放されており、夜桜を楽しむことができます(一部の小エリアは早く閉まる場合があります)。