湖南に隠された6つの古い町や村。

千年隠れた、特色ある古都の小村、都会の繁華や有名な観光地の人ごみがなく、ただ塵俗を避けた静けさがある。ここでは、湖南に隠れている6つの古都の村を紹介します。

靖港古鎮

汪涵は以前、「将来ここで老後を過ごしたい」と言っていました。長沙には橘子洲頭の他にも、この魚米の郷があります。あなたが鳳凰古城の人混みに頭を悩ませている間に、この靖港古鎮は自分らしさを守って静かに佇んでいます。

上甘棠の古村。

1200年の歴史を持つ漢民族の古村落で、200以上の明清時代の古い家屋が今も保存されています。山と川に囲まれた建築の形式は、天然の山水画のようであり、湖南省で最も古い千年の古村落の一つです。

上堡古国 (じょうほうここく)

ここは山奥に隠された金銮殿です。ここはかつて2代の皇帝を眠らせることのできなかった古村です。上堡は古い村で、標高800〜1700メートルであり、山々に囲まれた水郷地帯である。上堡古国の周辺には段々畑があり、2つの小川が村の両側を流れています。雲霧がかかる中、まるで別世界のように感じます。田園地帯には、農民たちが耕作しており、逆に最も原始的な耕作方式が独特の風味を残しています!

通道古鎮

湖南のシャングリラ。この50キロの文化長廊は、トン族の歌や舞台芸術を鑑賞できます。怀化南端のトン族の生息地、古風で純朴な民族の風習、連なる丹霞万仏山。トン族の生息地であるトンルージュは、歌や踊りが上手なトン族の人々が暮らしており、保存が完璧なトン族の古い建築群、ユニークで活気のあるトン文化は、十分に訪れる価値があるでしょう。50キロの「百里トン文化長廊」は、天と人が一体となった、中国トン族文化の美しい絵巻きとなっており、そこかしこに景色や驚きがあり、中国のトン族の「清明上河図」とも言えます。
古商城の地理的レイアウトは、曲がりくねって深く入り組んでおり、縦横に交錯しており、「迷路」のように市全体を分割し、非常に階層感を表現しています。「洪江街市全境図」に示されるように、商会や住居建物は陰陽八卦と伝統的な儀礼制度の原則を採用し、地形水系に合わせて建てられました。全体的な印象は科学的かつ合理的で、見事に建築物と自然景観が融合しており、古代の人々が山水の美を築くために山に寄りかかった匠心が反映されています。独立美と嚴密なレイアウトは調和性を備えており、南部の古い都市建築のクラシックの一つです。古商城が表現する建築様式は、青瓦灰壁、屋根裏部屋のつり出し、地下家屋などの伝統的な建築群に集中しており、壮大で威風堂々としており、徽派建築と江南民家建築の有機的な融合を表現しています。古代の商業都市はよく保存されており、380以上の遺跡があり、総面積は約30万平方メートルです。規模、面積、気勢、建築、内涵が高い水準を持っており、全国的にも非常に珍しいです。青石板の道路、石段の桟橋、門柱、楹聯、石刻、碑文、碑文石刻、太平缸、洪江正式テインの記念碑、郑板橋の墨跡、于右任の書法、新石器時代の遺跡、偉人の古墳などの歴史的遺物は数多くあり、宮殿、神殿、寺院、院、堂、庵、旧新聞社、銭屋、学校、劇場、売春宿、喫煙所、ホテル、旅館、工場、店舗などのあらゆる場所に散在しており、「清明上河図」のような明清民国の市場全体を視覚的に表現しています。
高椅古村は、湖南省会同県の市街地の北東48キロメートルに位置する、明清時代の古い民家村落で、保存状態が非常に良い。専門家はそれを「江南一の村」と「民俗博物館」と評価し、2002年に湖南省の重要文化財保護単位として認定され、2005年には全国6次重要文化財保護単位と全省歴史的文化名村に指定されました。この古い村は非常に高い観光価値を持ち、現在104棟の古い民家が保存されており、建物面積は19416平方メートルに達し、洪武13年から清光緒7年(1380-1881)までの500年間にわたって追跡できます。