南京の東郊で秋の風景を撮影するための指南書

孝陵の石象路は南京の秋の最も美しい600メートルの道路であることを説明し、秋になると仙人道のように美しくなる。しかし、石象路以外にも、東郊には秋の景色を楽しめる素晴らしい場所がたくさんあります。石象路に比べて人が多くないこれらのマイナーな場所は、数人の友達と一緒に秋を楽しんだり、趣味仲間を招いて写真を撮るのにより適しているかもしれません。

南京の石象路

最も有名なのはもちろん、石像路です。ここは、南京の秋の最も美しい場所と呼ばれています。石像路の秋は、オレンジ色と黄色のトチノキ、紫の樫の木、金色の銀杏、そして常緑のヒマラヤ杉が混ざり合って、鮮やかな油絵のような風景を作り出します。秋風が吹くと、道路上には赤や黄色の秋の葉が敷き詰められ、路肩には石像が静かに横たわり、落ち葉によって五色に装飾されます。

前湖 (まえうみ)

石像路に比べて、前湖はマイナーな観光スポットであり、ここに来る人のほとんどは南京の地元民である可能性が高い。前湖は南京市玄武区中山門の外側にあり、明陵路の西側、植物園の南に位置しています。石像路の朝はにぎやかですが、前湖の朝ははるかに静かで、早起きして運動する年配の人々が通り過ぎていきます。そこで写真を撮る数少ない写真愛好家以外は、ほとんど観光客はいません。

燕雀湖

燕雀湖は前の湖よりも小さく、梅花谷路に隣接し、特に美しい場所です。何年前かは覚えていませんが、初めてタクシーで梅花谷路を通過したとき、ここでの景色に驚かされました。南京市のすぐそばにこんな静かな場所があることに驚いたのです。燕雀湖の南側には梅花谷路があり、湖畔にはアシ原があります。燕雀湖の北側は梅花山で、湖畔には緑の芝生とスギの森があり、深秋には野の花が美しく咲き誇り、スギの黄色と緑が徐々に紫色に変わる様子が美しく、青い空と青い水面に映えてまるで絵画のようです。亭台や水榭も点在し、人々を虜にします。

流徽榭 → 流れの美しい庭園邸宅

流徽榭は、中山陵園地の付属建築物の一つである。南極に位置し、中山陵から霊谷寺までの道路沿いにあり、中央陸軍将校学校が寄付して建設された。水榭亭の扁額は、黄埔軍校第一期卒業生の徐向前元帥が書いたものである(中央陸軍将校学校の前身は有名な黄埔軍校である)。水榭亭は、長さ14メートル、幅10メートルであり、屋根には乳白色の琉璃瓦が敷かれ、赤い柱で支えられている。三方面が水に面しており、青々とした波が揺れ、水榭を反映して、独特の趣がある。周辺には樹木が生い茂り、水中には大きな睡蓮が植えられている。中山陵園地の美しい景色の一つである。
・孫中山先生の墓は鍾山風景区に位置し、「警鐘」の形をしており、近代中国建築史上初めての陵墓であり、非常に見どころがあります。 ・中山陵の頂上に上るには、多くの段階を登る必要がありますが、各段階ごとに休息できるプラットフォームがあるため、設計が非常に巧妙です。 注意して見てみるのも良いでしょう。 ・景区には音楽台、行健亭、光化亭、流徽榭、蔵経楼などの記念碑的な建物があり、非常に価値があります。 ・陵寝を訪問するには、事前に園内入園時間を予約する必要があり、1日前以上にチケットを予約することをお勧めします。また、セットチケットを購入することもできます。観光車もあります。

南京ミュージックテレビ

音楽台は中山陵広場の南側にあります。舞台面積は約250平方メートルで、後ろには弧形の大型照壁が建てられ、壁の高さは11.3メートル、幅は16.7メートルで、音を収束させる機能があります。前には曲線状の蓮花池があります。池の前には斜面に沿って扇形の観客席が建てられ、3000人以上の観客を収容することができます。平日には演奏がない場合には、子供たちとハトを餌やりに行く場所です。子供がいる家の友人たちは、みんな理解していることでしょう。

霊園路

陵園路は、南京市玄武区の紫金山南麓に位置し、孫中山さんのお墓、中山陵に通じる公園道路です。この道路は、中国有名な観光名所で、最初の国家風景名勝区、最初の国家5A級観光景区である鐘山風景名勝区を通ります。夏には、プラタナスの木が日陰を作り、陵園路や他の中山陵の道路は「緑のトンネル」と呼ばれます。秋には、葉っぱが黄色くなり、夏とは全く違った景色を魅せてくれます。