キューバイ・サブール清真寺のInstagram映えスポット。

マレーシアはイスラム教の国であり、各州にはモスクがたくさんあります。これらの外観が壮大で美しいモスクは、宗教の場でもあり、マレーシアのユニークな観光名所でもあります。そのため、マレーシアの旅行中にもモスクは見る価値があります!

国家モスクは1974年に建設され、その建築様式は非常に現代的でスタイリッシュです。73メートルの尖塔は賛美歌を放送するために使用され、ユニークな青い星型の屋根は伝統的なモスクのオニオンドームデザインとは全く異なり、独立国家の抱負を象徴し、非常に目を引きます。モスク全体には18の尖塔があり、それぞれがマレーシアの13の州とイスラム教の5つの信仰を表しています。このモスクの総合的なデザインは、メッカの大モスクからのインスピレーションを受けており、特に内装のスタイルはメッカと非常に似ています。大ホールは最大で15,000人の祈りを同時に受け入れることができ、東南アジア全体で最大のモスクとして知られています。

ジャムイ・アル=アミン・モスク。

アンジュンモスクは1909年に完成し、クアラルンプールで最も古いモスクの一つであり、アラビア語でアンジュンはムスリムが礼拝を行うために集まる場所を意味しています。この100年以上の歴史を持つモスクは、クラン川とゴンバック川の交差点に位置し、川岸でクアラルンプールの発展と変化を見守ってきました。

スーダンのシャラフディーン・アブドゥル・アズィーズ・モスク。

スルタン・サラフディン・アブドゥル・アズィズ・モスク、またはシャー・アラム・ブルーモスクとも呼ばれるこのモスクは、青白のドームとメインビルディングで知られています。マレーシア最大のモスクであり、インドネシアのジャカルタ・イスティクラル・モスクに次ぐ東南アジア2番目の大きなモスクです。また、世界最高の塔である高さ142.3メートルの世界最高峰、高さ142.3メートルの世界最高の宣教タワーグループ、直径51.2メートルの世界最大のドームを含む多くの世界最高記録を保持しています。
湖畔に位置するブトラ・モスク、通称ピンク・モスクは、独特のピンク色の外観で多くの観光客を魅了しています。遠くから見ると、湖面に咲く蓮の花のようで、屋根も同じ柔らかいピンク色を採用しています。さらに、モスクの隣には地下のレストランがあり、湖を眺めながらマレーシア料理やインド料理など様々な美食が楽しめます。また、Nando'sのチェーンレストランもあり、非常に便利です。正面の噴水プラザは観光バスの必須スポットであり、人通りも非常に多く、繁華です。

タンクミザン再度ナビンアビディンモスク

フルネームはダンクミザンジャナビンモスクで、2004年に基礎を築き、2009年に完成し、2010年に当時の最高元首であるダンクミザンジャナビンによって開所式が行われました。マレーシアや世界中で唯一無二の鉄のモスクであり、特徴は壁やミナレットがなく、一般的なモスクのイメージを完全に覆しています。
連邦直轄区清真寺は大使路に位置し、33エーカーの敷地を占め、首都クアラルンプールで最も広く、最大の規模を誇るモスクであり、その規格と規模の大きさから州のモスクと同等のレベルとされています。このモスクは1997年に建設が始まり、2000年に竣工し、当時の最高元首であるトゥアンク・ムヒイディン・イブラヒムによって開幕式が行われました。