クアラルンプールの新しい写真スポット。

ここは東南アジアでも重要な交通のハブであり、多様な文化、豊かな食文化、高級なショッピングセンターやエキサイティングな遊園施設があり、まるでカラフルな万華鏡のように、楽しめば楽しむほど帰りたくなくなる場所です。ただし、フライトルートはひとつではありません。

ピンクモスク

ピンク色のモスクはプトラジャヤにあり、最大のモスクです。内装はピンク色を主としたもので、女の子心を極限まで表現しています。
青色モスクは主に青と白を基調としています。内部には美しい装飾の壁のタイルがあり、天井にはガラスの窓が設置されています。とても爽やかな雰囲気が漂っています!
クアラルンプールのピンク色のモスクとブルーのモスクは驚くほど美しいですが、この爽やかな寺院はさらに訪れる価値があると感じました!白壁に青い屋根と美しい彫刻模様が調和して、軽いモロッコ風の感じがあり、写真を撮るととても清らかで美しい印象になります!俯瞰の視点は本当に驚嘆をもたらします!

モロッコ風クレンジンモスク

ピンク・モスク以外にも、モロッコ風のモスクはチェックインする価値があります。モロッコの休暇を完璧にごまかすことができます。ここにあるすべてのものは写真で記録する価値があります。洗練された色のタイル、芸術品のような丁寧な彫刻が施された回廊など......文字で表現することはできませんこの美しく美しいモスク。
吉隆坡北郊の距離11キロメートルにあるバットケーブは、ヒンドゥー教の巡礼聖地です。ここはジャングルに囲まれた半山腰に位置し、3つの石灰石の洞窟で構成された洞窟群です。バットケーブに到達するためには、急な272段の階段を登る必要があります。洞窟の前には、高さ140フィートの、インドの神話の中で大きな仏教の戦争神ムルカ・ガン(Lord Muruga)を表す金めっきの巨大な像が建っています。 バットケーブは神聖な場所と自然の風景の両方を持ち、多くの観光客を引き付けています。さらに、バットケーブはマレーシアで最も重要な宗教祭典の1つであるタイプーサム祭の主な祭典の場所の1つです。 ガイドは、バットケーブの柱、ストローマイト、シンクホールなどのカルスト洞窟地質現象を見物し、コウモリ、洞窟ゴキブリ、洞窟蜘蛛などの洞窟で生活する動物について紹介します。ここでは、自然の美しさを楽しむだけでなく、地元の地質学と生態環境について深く理解することができます。