ペナン料理のコレクション

アジアには、美味しくて芸術的で安くて、世界でもっとも美味しい食べ物がある都市の一つがあります。この街は旅行雑誌によって選ばれ、最高の旅行コストパフォーマンスを持つ都市でもあります。ここでは、いつも美食が切られていることがあります。そう、それはマレーシアのペナンです。

これは長年営業している老舗で、竹の製法で作られた麺を主力として伝統を維持しています。なので、麺は弾力があり、このお店の看板は麺です。叉燒と雲呑を加え、雲呑は肉のミンチを具にしてあり、価格は安く、6マレーシアリンギットで一杯です。

シャントウジエ。

汕头ストリートは、午後6時以降にしか屋台が出ません。昼間はありません。汕頭ストリートは、ペナン島の古い通りであり、見た目は古びていますが、深い文化と数代にわたる人々の思い出が凝縮されています。多くの新聞が食品版の一面で報道したため、毎日多くの観光客が訪れます。ここには多くの屋台があり、最も有名なのは「四大天王」で、鴨粥粿汁、四果汤、炒粿条、天皇鸡脚などの4つの屋台があります。そのうち、四果汤と鴨粥粿汁には店舗があり、残りの2つは小さな屋台に過ぎません。4種類の美味しい料理を1度に味わいたい場合は、四果汤の店で座って、屋台の人に注文することができます。店主はとても覚えがよく、これだけの客がいるにもかかわらず、メモを取る必要がありません。あなたの顔と注文したものを覚えて、あなたのテーブルに届けてから支払います。

ピンナツ・ルーは有名な潮州ジェンドルです。

榆園で食事するなら、茶室の外にある非常に人気のあるデザートスタンドを見逃すことはできません。そのスタンドは、広く知られている潮州煎蕊です。もちろん、茶室でゆっくりと味わうこともできます。ここでは、煎蕊と紅豆霜の2種類のデザートがあります。オーナーは非常に素早く作りますので、写真を撮ることも簡単ではありません。マレーシアの三大宝物の1つである煎蕊は、パンダンの葉で作られた緑色の細いストリップで、濃厚な植物の風味があります。ココナッツミルク、黒砂糖、かき氷と一緒に食べると、マレーシアで最も有名なスイーツになります。
ペナンには、青豆氷が有名です。それは、「初恋の青豆氷」と呼ばれる 阿牛さんの歌が有名になったからです。私は、「開飯啦」という店名のお店に行きました。格成茶室には、あるエピソードがあります。それは、年代がかなり古い店に大体共通している套路です。何十年も前、英国植民地時代にペナンに駐留していた老兵が、この茶室のドリアンアイスクリームが大好きでした。老兵が重病になった際、子供たちにペナンまで行ってドリアンアイスクリームを持って帰ってきて欲しいと頼みました。それは、老兵が亡くなる前に、憧れていたドリアンの味をもう一度味わいたかったからです。しかし、ドリアンアイスクリームが梱包され、オーストラリアの老兵の故郷に送る準備が整った時には、オーストラリアの入国審査で止められ、老兵は最期までこの美味しい食べ物を思い出して過ごすことになり、とても残念でした。
環境は目立たないかもしれませんが、路地裏にあります。店員1人が食パンを炭火で焼く、1人がパンにクリームを塗る、1人が卵を茹で、2人が注文を受けて料理を出します。ここで一番有名なのは炭焼きのトーストで、伝統を守り、人力で木炭を燃やして焼いています。1人の担当者が火炉の前でトーストを焼いています。朝食はトースト1個、卵1個(生熟どちらでも選べます)、ココナッツライス(nasi lemak)1個、コーヒーのセットで、これがマレーシアの伝統的な朝食です。味わいは、少しカリッと焦げたパンで、kayaソースが入っていて香ばしく、甘さも受け入れられます。生熟卵は、個人の好みに左右されます。少し臭みがあるので、醤油と胡椒粉を加えるか、パンに浸して食べることもできます。ココナッツライスはインド風で、淡いココナッツの風味とわずかな辛みがあり、上には少量の魚の干物が散りばめられています。これは注文する必要がなく、自分で横に置いてあるものを取ることができます。コーヒーは普通ですが、氷をたくさん入れています。また、各席には油餃子のような食べ物が置かれていて、揚げ物です。これは自由に取ることができ、私はマレーシアで食べたものは塩味で、じゃがいもや肉が入っていました。皮はスーシーの月餅のようで、サクサクしており、多層になっています。豆乳と油条と包子に慣れた人にとっては、マレーシアの伝統的な朝食をたまに体験するのも良いでしょう。
愉園茶室には美味しい料理と人気に不足することはなく、ペナン代表の料理を最短時間で味わいたい場合は、ここに来るのが間違いありません。ここは販売台があり、それぞれが自分のお金を支払う、大衆食堂のような雰囲気ですが、絶対に経済的で美味しいです。ここで最初におすすめするのはアサムラクサです。アサムは酸っぱいという意味で、シンガポールの叻沙に比べて、味はより酸味があります。アサムラクサが強すぎる場合は、ペナンカレーヌードルを試してみるといいですよ。真っ白なスープとカレーの風味、魚の切り身、豆腐、イカの具材が加わると本当に美味しいです。炒粿条はペナンで最も一般的な食べ物の1つで、粿条は米粉のようなもので、料理人が熟練した手つきで炒める様子を見ているだけでお腹がいっぱいになります。台湾ではオイスターオムレツ、潮汕ではオイスターパンケーキと呼ばれる料理は、オイスターと卵を一緒に焼いたもので、シンプルな料理方法で最も鮮やかな味が出ています。最後に、地元のデザートであるパンライ・ココナッツシュガーケーキを試してみる価値があります。

大きな太麺のカレーソバ。

ちょうどペナンの代表的な料理であるカレーミーについて言及しましたが、ここではカレーミー専門の小さな店をまたお勧めします。ここでは、全ての料理が現地で注文してすぐに作られます。料理は非常にシンプルで、カレーヌードルまたはライスヌードルを選ぶことができ、そして数種類の自分で選ぶトッピングがあります。メニューは無いので、非常にシンプルです。

五秀泽海南チキンライスティール

遠くから来たときに、棚に並んでいる鶏肉に惹かれましたので、心配しないで、通り過ぎることは絶対にないでしょう。オーダーメイドで切ってくれるので、マスターが肉を包丁で切る慣れた技術を見ながら、期待感がますます高まりました!ここでは白鶏と油鶏の2つの味があり、伝統的な海南鶏を味わう必要があります。そして、混ぜ合わせたアイスコーヒーをもう一杯、ペナンのホワイトコーヒーは世界的に有名で、特にこのような小さな店で味わうと感覚が増します。あなたも鶏を食べる好きな人なら、伝説のペナンの最高の海南鶏飯を味わうためにここに来なければなりません。

槐記茶室

牛干冬には、三代にわたる香港式燒臘店があり、50年以上経営していて、非常に繁盛しています。ここの特色はチャーシューで、美味しい蜂蜜味が目を引きますが、他の品に負けない美味しさです。そしてチャーシュー自体も柔らかく、若干カリカリした食感があります。燒肉も必須の一品で、皮は非常にサクサクしており、肉の香りがより濃厚になっています。