釜山のインスタ映えする韓流ドラマスポット

釜山映画祭は、アジアで最も重要な映画祭の1つであり、多数の韓国のテレビドラマや映画も釜山で撮影されています。 「ドリーム」、「ディフェンダー」、「サバイバルロード」、「河伯の新婦」、「西遊記」など、映画やテレビの撮影地を探しに行きましょう。

虎川村

韓国ドラマの定番を覆す、悲しく貧しい作品で、強引な総裁や富豪の人物はなく、女性主人公は夢を抱きながらも何もできず、男性主人公は恋愛面で弱々しい存在となっています。女性二番手はクズ男と別れ、泣きながらタクシーに乗り、最終的に地下鉄乗り換えます。彼らは南日バーの屋上で集まり、街並みを眺めながらお酒を飲みながらトークします。そして、男女主人公はここでキスします。普通な人生で成功することができず、愛する人と向き合うことで幸せが輝きます。

白浅滩文化村 → 白砂浜文化村

浅瀬文化村は、映画「弁護士」、エンターテインメント番組「無限挑戦」、韓国ドラマ「戯子」の撮影場所ですが、過度な消費の痕跡はまったくなく、記念品店さえ見当たりません。村の壁には淡い青い壁画があり、猫や犬に出会い、村人はプランターに野菜を植え、唐辛子は手で摘めます。

貞兰閣

貞蘭閣茶室は、文化共鳴クリスタルの名前が最新のシンボルである、茶室の上下2層の和風の建物で、ここに使われる木材やガラスなどすべてが日本から輸入されています。現在は公共文化イベントの場所となっています。コーヒーを飲んで簡単なメニューを見ると、シンプルな飲み物、アメリカンコーヒー、梅子スープ、柚子茶しか提供されていません。価格は手頃で、全体的に一律です。IUの新曲「夜信」MVはここで撮影され、YouTubeで検索すれば見ることができます。週末は人でいっぱいだと言われています。インターネットの人気スポットになりました。

机張天主教堂

海辺の小さな教会。実際には教会ではなく、韓国のドラマ「夢を叶えるまで」の撮影のために建てられました。ドラマが終了すると、ここは観光スポットとなり、釜山でのデートスポットの一つとして評価されました。教会の外には、観光客向けの写真を撮るための椅子があり、手すりからは緑色の灯台や高速のボートが見えます。韓国のドラマ「夢を叶えるまで」は、スポーツをテーマにした作品で、金範が犯罪を犯し、刑務所で育った若者が、自己の努力でスポーツ選手になる物語を描いています。

ヒルトンホテルのカフェです。

「ヒルトンホテル&リゾート」、6つ星のホテルにやって来たと思ったら、中に入ると清々しい雰囲気に包まれました!完璧に対称なデザインで、強迫症のウィークポイントを治してくれました。どこを見渡しても景色が素晴らしく、写真を撮るのに最適ですが、コーヒーやお茶は少し高めです。2017年7月1日に正式に開業し、釜山東部の最新のランドマークビルであり、海の日の出を最初に見ることができる場所でもあります。「ヘボンの新婦2017」では、チョン・スジョン(クリスタル)が広告の撮影に使用されたリゾートです。
釜山の国際市場に来て、賑やかな市場の雰囲気に身を包まれよう!昼間は落ち着いた雰囲気、夜市に行くと大型商業施設、路上の屋台、雑貨店がある!本当に両手を広げて踊り出したくなる。韓国戦争が終了した後、国際市場は難民の避難所であり、生活の場所でした。彼らは釜山港からの日用品の販売で生計を立てました。そこで「国際市場」という名前が付けられました。現在、販売されている商品にはファッション、革製品、電子製品、おもちゃなどが含まれ、一般の市場価格より20〜30%安くなっています。国際市場は、輸入商品市場とチャガルチ市場に隣接しており、釜山の有名なショッピングエリアであり、たくさんのお土産が買えます。感動的な韓国映画「国際市場」は国際市場で撮影されました。ここには映画の宣伝ポスターや観光客の写真を撮る場所があります。映画を見た友達は、ここを見逃さないようにしてください。
釜山に行く前は、映画「釜山行」を見たことと釜山国際映画祭が印象的だった。釜山国際映画祭は1996年に創設され、韓国およびアジアで最も重要な映画祭の一つであり、釜山市政府、映画業界、企業界などの部門から支援や資金援助を受けて、毎年9月から10月にかけて釜山で開催されます。メイン会場は釜山市南浦洞BIFF広場です。9回目からは、主要な会場が南浦洞から海雲台に変更されましたが、BIFF広場にはさまざまなブースやテレビ局のパフォーマンスが行われています。