ソウルの最新の6つのショー。

韓国に行くなら、必ず小劇場文化を体験して、素晴らしい音響効果と雰囲気を味わいましょう。韓国の無言舞台ショーについて話すと、みなさんはまず即興のショーを思い浮かべるでしょうが、実はその他にも注目されるショーがあり、とても楽しめます!

ソウルJump!ショー専用館

JUMP!は笑い溢れる武術ドラマで、笑いがたくさんあり、最初から最後まで笑い続けます。場面はよりショッキングで、若者が3メートル以上ジャンプすると、彼らのスキルが誇示されます。俳優たちは、誇張された肢体と豊かな表情を駆使して物語を伝え、韓国のテコンドーと手打ち(テッキョン)技術、およびユーモア溢れるコメディスタイルと高難度の曲芸アクションが融合しています。観客は、視覚的な衝撃と震撼を得ると同時に、笑える演技に笑ってしまい、笑いながら楽しむことができます。私の言葉ではこのドラマの素晴らしさを表現できないので、皆さんも是非実際に見てみてください。

グラフィティショーHERO(ソウルシアター)

グラフィティーショーは、非常に創造的なライブペインティングパフォーマンスです。短い時間で、舞台上に魔法のように絵画作品を表現します。音楽、ダンス、現代的なマルチメディア技術と組み合わせることで、芸術性と観賞性が非常に高くなっています。音楽が物語とマッチしているので、見ている人は非常に感情移入することができます。パフォーマーは、黒い衣服と帽子を身に着けた4人の若い男性俳優であり、ひょうきんでユーモアのあるパフォーマンスで、男女老若問わず、会場の人々を笑わせます。芸術がこんなに楽しいとは、あなたは永遠に想像しないでしょう。色墨を使ってプロットを描き、生き生きとした絵を描き出すプロセスは非常にリラックスして楽しいです。

ビバプショー専用館

バイバップショー(BIBAP)は、レストランの厨房を舞台に移した、韓国の代表食品であるバイバップをテーマにした言葉のないショーです。とても感染力があり、最初から最後までハイな雰囲気です。観客は楽しい演技を楽しむだけでなく、インタラクティブなパフォーマンスに参加して、俳優たちが現場で作ったおいしい料理も味わうことができます。このショーでは、アカペラ合唱団、B-BOX口技、B-boyingダンスなどの芸術技術が披露され、同時にバイバップの製造プロセスが統合され、俳優たちはB-BOX口技を通じて野菜を切る音を手ごたえ良く表現しています。これに加えて、伴奏なしの合唱、ダンス、そして非常に理解しやすいストーリー、さらには腹を抱えるようなコメディエレメントがあるため、舞台下の観客席は常に楽しい海となっています。手を打ちすぎて手が真っ赤になり、お腹を笑わせています。バイバップショーの物語は、厨房内での赤と緑のシェフの競争を中心に展開し、二つの小さな衝突によってストーリーを進めています。さらに、性格の異なる小さいシェフたちが加わり、このキッチンも賑やかになりました。最初の料理は日本の寿司、2番目はイタリアのピザ、3番目は中華ラーメンで、最後の主要な料理はバイバップです。どちらが味が良いかは、もちろん観客が決めることになります!

ドラムキャット

DRUMCATは、女性パーカッショングループで、2006年にソウルで初のコンサートを開催し、正式に活動を開始しました。彼女たちは女性ならではのセクシーで繊細な動き、男性を圧倒する爆発的な演奏を組み合わせ、活力に満ちた音楽を作り出しています。ロック、ジャズ、エレクトロニック、ラテンなど、多彩なリズムやビートが華麗な視聴覚の祭典に凝縮されます。2009年9月には専用劇場公演を行い、2013年のサウンドファクトリー第3期において、キャットドラムショーは韓国代表公演にランクインしました。そして、2015年10月から、原作を再編集した「キャットドラムショー4:シークレットフォレスト」が爆発的に登場しました。様々な個人的な才能のパフォーマンスや楽しいメロディーが、観客の目を楽しませます。

ファンタスティック

ファンタスティックショーは、打楽器、管弦楽、B-Boy、ダンス、四物農業音楽などの韓国代表的要素に現代的な感覚を加え、新たに解釈したパフォーマンスです。打楽器と弦楽は伝統的な演奏で一緒に聴くことは絶対にできないものですが、ファンタスティックショーの魅力の一つは、打楽器と弦楽を同時に楽しむことができることです。弦楽器にはカヤグム、ヒジキム、タル、ヤジャンなどがあります。打楽器には太鼓、杖太鼓、鑼、銅鑼などがあります。特に主人公が演奏するタルには哀愁のある音があり、観客は演出により没頭することができます。ファンタは弦楽家族の神秘的で夢幻的な雰囲気を表し、スティックは打楽器家族のダイナミックなエネルギーを象徴しています。また、バン・ソリのナレーションは歌詞はないが非常に感動的で、観客を魅了します。

明洞で乱闘する。

乱打は、包丁やまな板などのキッチン用具を楽器に昇華した、男女老若問わず楽しめる強力な演出です。1997年10月の初演以来、『乱打神厨』は観客の熱烈な反応を得ており、韓国演出史上最多のチケット売り上げ記録を打ち破り、常に自己の品質を向上させる革新を通して、高い品質を保っています。1999年にはEdinburgh Fringe Festival(エディンバラ音楽祭)で最高評価を獲得しました。その後、海外公演経験を跳ね返し、2004年2月にはアジア公演で初めてニューヨーク・ブロードウェイに成功しました。現在までに、740万人の観客に感動を与え、ソウル専用劇場で年中無休で長期公演を行っています。2009年には、年間約75万人の外国人観光客から最優秀都市プログラム賞を受賞し、代表的な韓国文化観光商品として、外国人観光客にとって必見のスポットとなっています。