アテネで絶対に見逃せない古代建築物

アテネは古代ギリシャの神話の描写によって神秘的な雰囲気が漂っています。年月を経たアテネ建築はますます魅力的で、教科書に載っているアテネ建築をもっと深く知りたい場合は、アテネに訪れてみてください!

古代ギリシャで最も古い劇場は、酒神ディオニュソスの名前にちなんで名付けられました。この劇場は紀元前5世紀に建てられ、何度も改築されましたが、今でもギリシャに立ち続けています。円形の広場の直径は19.60メートルで、観客席には1.4万人が収容できます。古代アテネ人は演劇を愛し、多くの古代の有名な劇作家がここで彼らの演劇を上演しました。
古雅典市場の隣に、古代のローマ市場があります。歴史的に、ギリシャはローマ帝国に占領され、ローマの建築様式も残っています。最も目を引くのは、古代ローマ市場の風の塔(Tower of the Winds)で、魔法が保管されている場所と考えられていました。しかし、実際には、1世紀のシリアの天文学者によって建造された気象観測所でした。古代ギリシャ人は、各方向に風向を統括する天神がいると信じており、風の塔は八角柱状で、各面にその方向の風神の浮彫りが刻まれています。塔内には水時計があり、水池を通じて駆動され、機械的な天体があり、太陽、月、五つの未知の惑星が含まれています。
アテネ市内にある風の塔は、内部に日時計、水時計、風向計を含む複数の装置を備えた八角形の大理石時計塔です。建造時期の正確な年代については議論がありますが、一般的にはこの時計塔は紀元前2世紀以前にさかのぼるとされています。
この神殿は、ギリシャで最も保存状態の良い古代建築物の一つで、火と鋳造の神ヘパイストスに捧げられています。神殿には34本の壮大な柱があり、その屋根の周りには「ヘラクレスの12の功績」から取られた9つの物語が描かれた彫刻があります。
アテネアクロポリスの北部にあるハドリアヌス図書館の遺跡は、132年にローマ皇帝ハドリアヌスによって建てられました。このローマ式建築物には、書斎、閲覧室、教室が設置されています。しかし、267年には侵略者のヘルーリ族によって図書館は破壊されました。5世紀になって、マクシミアンがこの遺跡を復旧しました。そして、ビザンチン帝国時代には、図書館内に3つの教会が建てられました。