ソウルの人気レストランをチェックする

ソウルは、ショッピング天国だけでなく、グルメの中心地でもあります!これらの14の必見のレストランを食べていない場合、ソウルに来たことを言わないでください!

1966年から営業を開始しました。この50年以上の歴史を持つレストランは、ミョンドン餃子ブランドの総店であり、最も正統な韓国の餃子を食べることができる場所と言えるでしょう。看板メニューは刀削麺と蒸し餃子(小籠包に非常に似ている見た目)で、餃子スープもあります。ミョンドン餃子は、ミョンドン地区の飲食店ナンバー1と言えます。多くの少年少女を魅了した韓国ドラマ「美男イケメンですね」の撮影もここで行われ、その人気の高さがうかがえます。そのため、ミョンドン餃子で食事をするためには、長蛇の列に並ぶことがよくあります。
店名が「高級的」に見えるが、実は目立たない小さな店である。しかし、この小さな店が50年の経営歴史と近隣で知られる本格的な全州拌飯を持っている。鉱物質を豊富に含んだ全羅北道長水蜡石を材料に使用した石鍋で作られた「全州蜡石石鍋拌飯」は代表的なメニューである。

鳳雛鶏

韓国の安東地域で伝統的な文化を現在でも保持している名物料理です。ふくろうの雛は実際には煮込み料理で、漬け込まれた香辛料の効いた鶏肉とジャガイモ、サツマイモ、大根、粉末などの付け合わせを一緒に炒めて食べるもので、色濃く、味は甘くて微辛で、絶対に食欲が出ます!作り方は東北の惣菜に似ており、大盤鶏にも似ており、鶏肉と一緒に煮込んだ粉が一つの大きな美味しさです。この店は絶対にミョンドン地域の超人気の飲食店であり、時間をずらして食事をすることで待ち時間を避けることができます。店の場所は少し隠れていますが、ミョンドンの歩行区の比較的狭い通りにあり、有名すぎるため、他の人に尋ねることができません。
ソウルで地元民と旅行者から高く評価されている焼肉店です。素材の品質と味はどちらも良く、小菜も充実しています。豚チョップがおすすめです。予算がある場合は牛タタキや韓国牛肉のチョップを試してみてください。もし主食が必要な場合は、海鮮ビンや冷麺をオススメしますが、この店でサムゲタンを注文することはお勧めしません。専門店で頼む方が正統派です。
リブはたっぷりのチーズで包まれ、鉄皿に乗せて焼いてあります。肉の香りとチーズの香りが一体となっていて、韓国人の「何でもチーズを加える」という「偉大な発明」の中でも最も有名なものです。この店はもともと弘益大学の近くにある飲食店でしたが、明洞店は後に開店し、本店よりも人気があり、明洞で観光やショッピングをする際に利用することができます。
明洞から南山のケーブルカーアンダーステーションまで上り坂に沿って歩き、中国大使館領事館の交差点を左に曲がると、「豚カツ一本道」と名づけられたいくつかの豚カツ店が集まる山道があります。この道には目を惹くオレンジ色の看板があり、南山で初めての豚カツ店だと伝えられています。店舗のデコレーションは平凡ですが、20年以上も繁盛を維持しており、各メディアにも取り上げられたことがある豚カツ店の一つです。最も本格的で「元祖」を求める友達にはこちらをお勧めします。

公平洞焼き鰻。

ここでの焼きウナギは、小さなスナックや日本風のウナギ飯の上のウナギとは異なり、微辛い調味の生ウナギを鉄の串に刺して豚バラ肉のように焼いたもので、韓国以外で食べることができない料理です。この店はよく行列ができており、メニューは非常にシンプルで、焼きウナギ以外に、韓国特有の辛い海鮮麺(짬봉)と玉子羹(계린찜)も美味しいです。
景福宮の近くで非常に人気の高い参鶏湯店で、韓国の前大統領である盧武鉉が何度も訪れたことがある。ほぼ毎日が座席を埋めており、三伏天には列を並べて食事をする必要があります。店内の看板メニューである参鶏湯は、約一か月の若鶏に人参、大棗などの補助食品を配合し、土俗村の特殊材料を加えて煮込んだものです。

三清洞のニキビスープ

麺を蛤、ジャガイモ、カボチャ、玉ねぎなどの材料で煮込んだ魚のスープに入れ、スープは濃厚で香りがよく、このダンプリングスープは北の人々の味によく合っていて、冬には最適であるでしょう。

喜児家焼きタコ店

たこ焼き専門店、辛い醤油のたこ焼きを鉄網で焼き上げて、紫蘇の葉で包んで食べたり、ゆで卵と一緒に食べたりすることができます。食いしん坊の家族は、食事の時間帯になるとよく行列ができる、弘大周辺で非常に人気のあるレストランです。

シンプソンズのスープ

非常に人気がある部隊のタングレストランは、男性歌手のStayと女性芸能人の皇甫が共同で経営しています。最も特徴的なのは、他の部隊鍋店よりも濃厚な牛骨チーズスープのベースです。シンプソンスープには、ソウル江南区に2つの支店があります。

Dalsudaスイーツカフェ

最近若者に非常に人気なコーヒー・スイーツチェーン店で、コーヒーやトースト以外に、多種多様な味のかき氷や独特なマヤ風味の焼きとうもろこしを特色としています。見た目もかなり高級感があり、手頃な価格で美味しい料理を楽しめる場所です。

情熱的

エレガントで精巧で伝統的なフランスのレストランで、前菜からメインディッシュ、デザートまでのフルコースメニューを提供しています。ランチは40000ウォン以上、ディナーは70000ウォン以上です。特に羊肉のステーキとチーズとバターのグラタンがおすすめで、ステーキや魚の味も素晴らしく、絶対に5つ星ホテルの水準です。

ルイ・カンク(Louis Cinq)

おいしい仔羊のリブ、生牡蠣、冷たいハム、パスタ、ローストチキンが食べられる西洋レストランバーで、鴨亭で飲み物を飲んで夕食を食べる時間がなかった友達にとって特におすすめです。バーはとてもうるさくなく、ただ音楽の音量が通常のレストランより大きく、リラックスしているファッション雰囲気です。