ペルシャシルクロードを漫遊する、イランのおすすめ長期休暇旅行ルート提案。

イランは、今日の世界で誤解されている国の一つであり、イランに行ったことがない人は、「悪の枢軸国」「戦争狂」「宗教的過激分子の集結地」などのラベルをイランに貼り付けています。しかし、実際にイランに来ると、ピカピカのペルシャ文明、旅行者に超フレンドリーな熱烈な人々、恵まれた自然環境があることに気づくでしょう。

アザディ・タワー (自由の塔)

ペルシャ帝国の「トランプルズ」は、60年代のモダンスタイルにイランの伝統的な特色を融合させ、高さ3m、地上50mの塔で、底層には「クルアン博物館」と映画館があります。エレベーターや階段で直接頂上まで行き、都市の景色を一望することができます。「トランプルズ」を通り抜けるイランの門を通るだけで、イランに入ったという気分になります。

ゴレスターン宮殿

ここはかつてテヘランの中心地であり、カージャ支配者の栄光と贅沢無度を目撃した。「ゴレスターン宮殿」はペルシャ語で「バラ」を意味し、また「バラ宮殿」とも呼ばれる。数多くのジュエルで構成された建物群の中でも、ナーセルによって建設された境宮(Talar-e Berelian)は、全体的な宮殿建築の精髄であり、ドームと壁は様々な鏡片で飾られている。美しさに満ちている。

国立宝石博物館

イラン中央銀行の暗い扉を通り抜け、地下室に入らなければ、世界で最も高価な地下室に辿り着くことはできません。ここには、約40以上の展示ケースがあり、イラン王室が近数世紀にわたって所持してきた最も貴重な国宝が収蔵されています。宝石、装飾品、武器から玉座、冠、衣装など、宮廷品がすべて揃っています。その中でも目玉は、純金で作られ、51366個の赤と青のサファイアが装飾された重さ34キログラムの宝石地球儀です。宝物館の蔵品は、多くの国の博物館に匹敵するほどの価値があります。

テヘラングランドバザール

テヘランバザールは中東地域で最大かつ最も歴史のあるバザールの一つです。モスクのようなアーチを通り抜けると、完全に石で造られた通りが現れ、「アーチドーム」と呼ばれる円屋根のアーチが相互につながっています。両側の店には、中国からの安価な品物から地元の高価な手工芸のカーペットまで、多種多様な品物があります。さらに、バザールの近くにはモスク、浴場、レストランなどの公共施設もあります。バザールを散策し、礼拝をし、温水浴を浴び、良い食事に行き、ペルシャの風土人情と伝統文化を深く体験してください。

「ピンク色」モスクマスジェド・エ・ナーシール

モカジャージなどとも呼ばれるモカジャージは、「イラン最も美しいモスク」とも称されています。モスクの入り口には美しい銅製の装飾が施されており、特に朝の陽光が当たると神秘的な色彩効果が現れます。光はカラーボックスを通してロビーに投影され、同様にカラフルでさまざまな模様の絨毯に降り注ぎ、完璧な模様と光影の組み合わせを作り出しています。

ハフェズの墓の詩人トム

中世のペルシャの詩人ハーフィズとサーディは、イラン文化の誇りであり、世界的に有名な詩人です。サーディの墓はシーラーズの北東部にあり、シンプルで明快なデザインで、イランの特徴を持つ建築物であり、午後を過ごすには最適です。ハーフィズの墓はサーディの墓から7キロ離れており、タクシーで10分ほどです。ハーフィズの墓は、やや現代的でシンプルなスタイルの建物であり、多くのイラン人が墓石に敬意を示し、墓石のそばで声を大にして詠唱している様子を見ることができます。これにより、この詩の国の雰囲気を深く感じることができます。
ペルセポリスはイランで最も重要な考古遺跡で、紀元前520年に建造され、アケメネス朝の首都であるペルシア帝国の建設に70年以上かかりました。ペルセポリス遺跡は非常に広範囲で、王宮や墓地、イサパーガラ、タシュラといった重要な建物が含まれています。その中で、イサパーガラはその段階の上にある美しい浮彫や、殿内壁の柱で知られており、国連代表団の1万人を収容できます。整数所の浮彫には女性がほとんど見られないという興味深い点がありますが、唯一の例外は1つの車軸の上に蜷局した女性像があることです。また、ペルセポリスを建設した労働者達は時々ミスを犯し、兵士の右手首を左手首として彫刻してしまったことがあります。山腹にある林には5000本の木が植えられ、1971年にパフレヴィ王が国外から買い付けて建国2500周年を祝ったものですが、過度に豪華な祝典により国民の反感を招きました。現在、ペルセポリスは世界文化遺産に登録されています。

イマーム清真寺(Masjed-e Shah)

イマーム清真寺は、「世界で最も美しい清真寺」と称され、多くの青色の装飾模様が取り入れられています。また、比例の取れたサファビー時代の建築物が組み合わさり、完璧な視覚的な見事さが生み出されています。ドームに向かって天井には、黒い石で作られたマーカーがあります。これは「響石」です。ドームには7段階のエコー効果があるため、その下で手を叩いたり叫んだりすると、繰り返されるエコーを聞くことができます。

四十柱宮Kakh-e Chehel Sotun

四十柱宮はアッバースによって建設された、国王の庭園にある付属建築物であり、当時の国王広場に位置しています。宮殿の前には110メートルの長さの水池があり、四隅には噴水や石像があります。巨大で華麗な門廊は、20本の欅の柱で支えられ、水の中に映り込んでいると、40本の柱が目を引きます。宮殿の庭園はペルシア庭園の傑作であり、世界文化遺産の一つにも登録されています。

ワンク大聖堂Kelisa-ye Vank

イスファハン南区はアルメニアのキリスト教徒の居住地であり、ヴァンク大聖堂はイランのアルメニア教会の歴史的な焦点です。聖堂の外観は目立たないですが、内部の装飾は壮麗で、多様なスタイルが融合されています-イスラム教のタイルとデザイン、キリスト教の象徴が建築物の中でミックスされています。

三十三孔桥Si-o-Seh Bridge サイオセ橋、別名「三十三アーチ橋」

ここでは最も本格的なイラン人の生活に溶け込むことができます。33のアーチ橋はアッバース時代に建設され、川の湾曲した場所に横たわっています。両側には多くのイスラム様式のアーチ型の門があります。交通以外にも、川の堰、水の供給、宴会、涼をとること、パフォーマンスを観賞するなど、さまざまな機能があります。これはサファヴィ時代の橋の建築の典型です。